読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おしろ宮殿

一寸一杯お気軽に

2012.12.06 GOATBED「夜に獣」LIQUIDROOM

GOATBED LIVE感想

GOATBED「夜に獣」行ってきました。

cali≠gari「暗中浪漫」のPVを見た時にも思い口にしましたが、「いたんだ…」って言うね。
思い描けなかったぼんやりとした理想が具現化して目の前に現れたぞ!という感動と戦慄。
本当に素晴らしくかっこよかったです。
あんなに音楽が心地よくて、更に見た目も含め刺激的な空間、久々だった。

言い出せばきりがないけどやはり一言、音がかっこいい!!!!!!

ミリマルで一個一個の音がキレッキレで硬質なところに、80’sっぽいダサポップがユーモラスにちりばめられて、そこに石井さんの甘く美しい歌声が乗っかるという全部乗せが調和したりしなかったりする奇跡!!

昔の曲もリアレンジされてて2012年の音になってて痺れました。
確信犯的にダサいのがオシャレすぎます。
音楽に詳しいわけじゃありませんが、ロジカルというか、何でこの音が鳴ってるんだろうみたいなのに説得力があってハマって気持ちいい!

レイブイベントに行っていつも思う、テクノ系アーティストのルックスの画一感、サッパリして音楽だけをクールにやってますよってポーズ、いい加減飽き飽き!という気持ち。

そんな私を「ここにおったか!!」と卒倒させた、どぎつく妖艶モードな悪のフォーマル姿の石井さん…。

この日は、未来から来た黒柳徹子の遺伝子を使った量産型秘書ロボット、もしくはきのこの山が悪の帝国として世界を支配した近未来のラスボスの側近魔女といった風貌で、もう一人のメンバーである弟さんはダークサイドに落ちたぴちょん君といった具合でした。

殺風景なステージの中央で何か意味あるの?という最小限の機材を兄弟で向かい合っていじるという。客の方向かないで。しかも黒革の手袋で!ツマミとか超いじりにくそう!!オシャレは我慢の代表格とも言うべき機能性の悪さ!
しかも弟さんはPCの電源を入れる役目だそうなので、実は曲中は何もしていないんじゃないかという、その無駄感がまたかっこいい。

モゾモゾ機材いじってたかと思えばいきなりマイクを取り魅惑のダンスをしながら歌い出す妖艶なおじさんが素敵すぎました。あやしいにも程がある。

確信犯的にやろうとしているであろう悪巧み的なものが全てハマッててかっこいいライブでした、凄い!
あとMCがダラダラと面白くてその力の抜け方がまたかっこいい!

もうね、岡村ちゃんを見た時も思ったけど「マジで!?」っていうね、あの度肝を抜かれる感覚。
「ここにいたの?」っていうね。
今まで何で私はこんな面白いものを知り得なかったんだろうという悔しさ。
最高にかっこよすぎて笑っちゃうという。
これが出来るアーティストは少ないんじゃないかと思います。

新参者で恐縮ですが、来年のワンマンも気合い入れてチケット取りたいと思います。