おしろ宮殿

一寸一杯お気軽に

SEXY STREAM LINER:BUCK-TICK

SEXY STREAM LINER

SEXY STREAM LINER

 

何故かファンの間でよく黒歴史扱いされているのを見かけるマーキュリー時代…。
そんな時期、唯一出されたオリジナルアルバムを敢えてレビューしようと思い立つなど。

マーキュリー時代はB-Tがまだまだ尖っていた時期でもあり、名曲シングルが3枚もアルバム未収録になっちゃったりファンに優しい活動期間だったとは言えないものの、このアルバムはよいものだ!!

埋もれてしまいがちなのはBMG移籍第一弾のONE LIFE,ONE DEATHが現在のB-Tに続く路線を作った超名盤だったのもあるのかなあ?

B-T史上最もエレクトロなこのアルバムは、かっこいいと思った事に対して踏みとどまらない姿勢に痺れまくります!
バンドなのにドラムンベースでテケテンテケテンやっててステキイイイイって阿呆みたいな顔して当時思ったものです。顔は今でも阿呆ですが。

 

----------------------------

 

1.タナトス
一曲目からアッチの世界へLet me down&Let me flyでかっこよすぎるでしょう!
機械的なバンド演奏にテクノアレンジが乗っかってもーサイバーパンクなんだこれ今井さん天才ですねという。
アウトロにサイレンの様に今井さんのテルミンギターがウーウー言いながら、光の中へ…光の中へ…SSLの世界の中へ…

2.SEXY STREAM LINER
タナトスでアッチの世界へ誘われ、これがその世界の1曲目という感じ。
今井さんがクラフトワークについてカッチリハマッてる感じが好きって言ってたけど、同じ様な理由で私はB-T流テクノが好きです。感覚的な様でロジカルというか、きっちりしている感じが。

3.ヒロイン -angel dust mix-
ドラムンベース!疾走感が凄くて気持ちいいロック。
一部ギターのリフが消されていたりシングル版とは別アレンジ、例のごとくよりノイジーに…。
オシャレエレクトロの要素もありインダストリアルっぽい荒々しさもあり、+B-Tの"悪い感じ"がふんだんに盛り込まれていて名刺代わりになる一曲だと思います。
サビは明るく突き抜ける様で最後にあやしく「抱いて夜の果てへ〜ええええ〜〜」とホワイトアウトする感じ、たまらん!

4.無知の涙
シニカルな反戦ロック。アルバムの中では一番B-T王道のロックという感じ。ギターがかっこいい。

5.リザードスキンの少女
今井さんワールドという感じ。

6.螺旋 虫
私、大好きなんですが
星野さん作曲の中でも控えめに見積もって3本指に、正直申しますと人差し指を立てたいくらい好きなのに、忘れ去られ感が半端なくて悲しい!!再評価されろ!!
アルバムverが原曲で、先に発表されたシングルのカップリングverは別アレンジ。私はカップリングverのがアンビエントで好きです。
歌詞も本当に素敵。これを幻想的と言わずして何を幻想的と言うのか??
あっちゃんのわざと音程がおぼつかない様な歌い方も凄い、表現力凄い!

7.蝶蝶
ヒデ流ロックのスタンダードという感じ。
へヴィーでかっこいいリフから始まり、小馬鹿にしたように上下して走る今井さんのギターが横入りしてくる感じが面白い。

8.囁き
この曲をシングルカットするの!?という衝撃に包まれたアングラエロ曲。
あっちゃんのドMパワーが炸裂していて凄い。
「願い叶うのなら 縛ってくれ」ってなかなかのフレーズゥ!
ぶっかけシーンが有名なPVも見物。

9.迦陵頻伽 Kalavinka
今井さんだな〜変だな〜という不安定なシンセの旋律が面白いオリエンタルな仏教テクノ。

10.MY FUCKIN' VALENTINE
現在でもライブ定番のトランス。今井さんとあっちゃんの掛け合いが気持ち良い。
カラオケで歌い辛いヤバめの歌詞ながらポジティブなエネルギーに満ちていてかっこいいです。
もう少しアレンジを最近っぽくしたNew Verとかも聴いてみたい!

11.Schiz・o幻想
COSMOSで封印したかに思えたあっちゃんのネガティブ直球系歌詞がまさかの復活。いきなり「夜は眠れるかい 明日が来ると思うのか ひどい自己嫌悪だよ 消えたくなる気分だよ」と160km/hクラスのストレートが内角に飛んできます。ひぃ!
捻転しながら聴きたい一曲。

12.キミガシン..ダラ
あやしいベースラインから抑揚なく混沌と始まり、サビで一気にはじけ突き抜けるB-Tらしいナンバー。夢見る宇宙にも繋がるあっちゃんの壮大で優しく開放的なファンタジーソングって感じでラストナンバーに相応しいと思います!
死ぬ時に聴いていたいなあ…。


----------------------------

改めて通して聴いてみると、デジタルな音色で統一されながらも楽曲自体はバラエティーに富んでいて、あっちゃんの歌詞も実験的だしこれは本当に名盤!!