読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おしろ宮殿

一寸一杯お気軽に

2013.07.21 四鬼夜行-五喰-@赤坂BLITZに行ってきました

cali≠gari LIVE感想


伝説すぎるバンドDEAD ENDが主催するイベント「四鬼夜行」に行って参りました。

出演バンドはBoriscali≠gari、DEAD ENDと濃厚かつバラバラなラインナップ。
私はcali≠gari以外の2バンドのライブを観るのは初めてですので、フェス難民と化している現状この夏のハイライト!ってくらい楽しみにしておりました。

 

最初に登場したのはBoris
会場は並々ならぬアウェイ感に満ちておりましたが、私はとても楽しみにしていたのでとても楽しみました。
サイケでヘヴィーでノイジーでかっこよかったです。
もともと洋楽厨だったのでcali≠gariやDEAD ENDの方がどちらかと言えば異質に感じ、Borisの方があ~落ち着くんじゃ~って感じでございました。
持ち時間が短くあっという間に終わってしまったのだけが残念。

 

続いて出て来たのは本命のcali≠gari

メンバーが歩いてステージに登場すればそこはもう地獄。
言葉に出来ないゴッドハンド感が今日も凄い!!

キラキラとした登場SEからそのままNEWバージョンのその行方、徒に想う…が始まるのは野音と同じでした。

オリジナルバージョンの殺伐とした雰囲気とは一転し、ロマンティックでキラキラシンセした石井節となっておりたまりません。

石井さんリアレンジ曲の多くがもはや歌詞と曲調に何の関連性も求めない感じがして素敵です。再構築して辻褄が合わなくなった感じがサイバー!

 

そのままハイカラ、娑婆乱打、トイトイトイ、散影と私が好きな石井曲が続きフォォオオオオオwwwwいいのか!?いいのか!?ってくらい転げ楽しみ回りました。
ウーハーのしゅうちゃんダンスはこの日もキレキレヴォーギングでしたYO!

もしかして今日は石井曲だけをやるのか!?と思いはじめた頃、これまた珍しい曲空想カニバルと研次郎さんのご機嫌なMCを挟んで一転、後半は青さんの悪意と狂気タイムがスタート!

 

けんじろうさんはおおきくてかっこいいです…。
キメラアントを倒す為ハンター協会から派遣されてきたかの様な風貌から愛くるしいコンニチワMCで場を和ませたのは良いのですが、まさかの選挙行き忘れ宣言。
なんてことだ!!インテリの選挙離れが深刻!!

borisファンの皆さんコンニチワ!DEAD ENDファンの皆さんコンニチワ!」
cali≠gariは全員DEAD ENDのファンなので緊張している!今日は俺しか喋らないぞ!」
「緊張しすぎて朝からずっとcali≠gariの曲を練習していたので、選挙に行くのを忘れてしまった! こんな格好で選挙って言うのも何だけど…」

といった具合の和み系トークでほっこりさせたかと思いきやそのまま「そんな大好きなDEAD ENDの前で申し訳ないが、めちゃくちゃ汚い曲名を叫ぶぞ~!クソバカゴミゲロ!」とあの曲に突入。

 

なんなのこの楽しさ!色んなライブにお邪魔して来ましたが、こんなに楽しいコール&レスポンスがある曲は初めて!
目を爛々とさせて\クソ・バカ・ゴミ・ゲロ!/の大合唱。ガリストの一体感ったらなかったです。
大した理由は別にないんですけど、異様に興奮してしまいます。
この圧倒的キャッチーさ、胸がすく様な響き、青さんは天才!
クソバカゴミゲロってもはや背徳没倫とか乱暴狼藉みたいな四字熟語的響きと深みがあるものね。あるね。そうだね。

 

そのままJAP ザ リパー、マネキン、ギロチン、サイレンと泣く子もひきつけを起こする凄まじいスパート。
私、アングラとかグロとか殺意とか攻撃的厨二病の類はもの凄い苦手だったんですけど、今やノリノリです。

前半のシュージィなオシャレ乱舞曲、後半の青さんによるキチガイスパートと、cali≠gariの多角的魅力を余すことなく出し切った本当に濃厚なライブでした…。
JAPザリパーはまあ石井さんの曲ですが、作詞まで石井さんがしていたらこんなキェェェェェェエエエみたいな曲にはならなかったでしょうから…。

こんな全部見せちゃう蝕の蔵出し生スペシャル!みたいなライブをやっちゃうなんて、cali≠gariメンバーは本当にDEAD ENDの事をリスペクトしていて、半端なモンは見せらんねぇ!という意気込みだったのではないかと推測します。いいなあいいなあ、いいもの観たなあ。

本当にこの日のcali≠gariは余計な遊びが一切ない濃厚なライブで、私としては過去最高をまたもや更新した次第ですまだ5回しか観てないけど。

 

そう言えばこの日もエロトピアはなし。
今年後半はポップな定番曲を外したセットリストでいくのかしら。個人的には大歓迎です!地獄からの来日公演に毎回期待してます!

 

しかしV系ノリらしい手を高速で動かす…何だっけ…手バン?手マン?
その手マンを皆に合わせてしてみた所、手の平と指が筋肉痛になり困りました。
汁男優も楽じゃない。(手の平をアイシングしながら)

でも隣の人がヘドバンしていたのは涼しい風が吹いてきてよかったです。

 

そして大トリは勿論DEAD END。

方々から「ジ・オリジン!」との声を聞いておりましたが、私はこれまであまり接触する機会がなく、この度は大変楽しみにさせて頂いていた次第です!

まず、ステージに現れたモーリーさんの、お写真や映像で見るより更にとんでもなく美しい容姿に度肝を抜かれました…。

私の中の悪魔の美中年ランキングは櫻井敦司先生が王貞治のごとく不倒のレジェンドとしてトップに君臨していたのですが、自分の知らない歴史にそれが揺らいだ瞬間でした…現在協議中となっております。知らなかったじゃ済まされないとfaridyu氏も加藤良三を批判しております。

何という美しさ、麗しさ、カリスマ性、胸筋。
50間近で肉体美含めあの美貌、どんなストイックな生活を送ったらあんな状態になるのでしょうか、波紋こわいです!
その魔界的美しさはちょっと杉本彩アニキを思い出しました。

音楽は魔界のHR/HMという感じで、やはりモーリーさんの圧倒的カリスマ性による魔のパワーが凄かったです。ポニョ、魔、大好き!!

 

そしてアンコール前、ステージに運び込まれる追加ドラム2セット…まさかの3バンドセッション!
驚くべきは日頃からセッション嫌いを公言している石井さんまでもが出て来て、借りてきた猫状態でモジモジしながらお務めを果たされたと言う事。

あらためて二人並んで歌うと、石井さん影響受けてんなあというのも感じまるで兄弟の様でした。
いや二人とも年齢不詳なのでどっちが兄なのか、もしくは親子なのか、眷族なのかよく分からないのですが…それにしても見つめ合って歌うなんて…!

モーリーさんは石井さんと並ぶと小さいってゆーか細いってゆーか顔小さすぎるってゆーか、石井さんがいかつく見えるというサイズ感大混乱の事態でした。
超細マッチョなのですね…たまげる。

 

石井さんは、技巧派ギタリストYOUさんの横でギターを弾く青さんを覗き込んではニヤニヤしておりました。
全体的に照れくさくてニヤケてるのか、モーリーさんにメロメロしているのか分かりませんが珍しいものが見られて楽しかったです!

モーリーさんにMCを勧められるも
「あの…喋りたい気持ちはあるんですけど…何も言う事がないというか……いっぱいいっぱいです!」とモジモジする石井さん!

「その髪型どうなってんの?」と髪を撫でられモジモジし、「石井って可愛いよね」と言われると「はい…可愛いんです」とモジモジしていました。モジモジ!!

誠さんが可愛いと言われればバスドラを可愛いと言っているのと同じ次元とdisる癖に、自分がきゃわうぃー事は全受容するその姿勢、可愛いです。

いい年こいたオッサンだからこそ「可愛いって言われるのは嫌。かっこいいって言って欲しい」などとマジレスするととんでもない寒波に見舞われてしまいますので、正しい対応だな~とは思いつつやはり可愛いです。

 

それにしても、B-Tfesではアンコールセッションのボーカルをギタリストである青さんに任せるというまさかのシフトを取った石井さんが、モーリーさんの前ではこのデレ…。

 

============cali≠gari セットリスト============

その行方 徒に想う…
ハイカラ・殺伐・ハイソ・絶賛
娑婆乱打
トイトイトイ
散影
空想カニバル
クソバカゴミゲロ
JAP ザ リパー
マネキン
ギロチン
サイレン