読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おしろ宮殿

一寸一杯お気軽に

ゴールデンボンバーのツアーファイナルに ド新規にわかだけど参加してきた

申し訳ございません!!

たった7文字、自分がライブに来て居る事を知らせるツイートをしただけで、かつて日本中を沸かせた英雄的スポーツ選手ですら嫉妬の絨毯爆撃に遭ってしまう。
チケットが当選したと報告しただけで行けない人の気持ちを考えろと炎上する。そんな行きたいライブにも行けないこんな世の中ですので、まずは謝らせて下さい。

金爆ファンの皆さんにおかれましてはそんな事は絶対ない!と確信しておりますが、やはり土下座せずにはいられない、そんな生き方をして参りました…ジュジュジュ!(元気よく焼き土下座の音)

ついにゴールデンボンバーのライブに参加する事が出来ました!
ファンクラブに入りまして、当選したチケットが59公演に及ぶツアーの最終日という事で、こんなスペシャルな日に飛び込んでいいのかなあとドキドキしながらも本当に心待ちにしておりました。

このブログでは書いてなかったと思うのですが、金爆に興味を持ち始めた当初からは最も想像がつかなかったことに私はすっかり喜矢武さんファンになってしまい、畏れ多くもキャンギャという事になろうかと思います。

喜矢武さんの何が好きって…

はっ、シニア自分語りライセンスを所持しているのでつい前置きが地獄の様に長くなってしまい、全然ライブの感想がはじまらない!自分に憤慨。次の行からいきなりライブの感想を述べます。

これは今をときめきますわ!
という、納得のエンターテインメント性、圧巻の面白さでした。

DVDや配信されているライブ映像はあらかた見ておりましたが、生で見るとその計算されつくした地道なネタの積み重ねに舌を巻きました。
す、すげえ!!すげえ楽しい!!

代々木第一体育館周辺に溢れるもの凄い数のファンの姿に、こんなに人気のある人達とは一体どんなものなのかと正直ビビッていたのですが、これはこの人気になっちゃうわ〜マジ光を浴びて輝いてるわ〜スターだわ〜!と納得が止まらなかったです。
とって付けた様な捏造スター感は一切なく、人気者になる前から同じ事を地道に行ってきた事が分かる、自信を感じるステージでした。ステキ!

ああ、本当に面白かった。楽しかった。そして萌えた。
金爆のゲイドラマって、パンチラが見たくて階段下で待ってたら歩道橋から全裸の男性がダイブしてきたみたいな、要求を上回る明後日の方向からの供給に腐女子脳もフリーズしてしまう感じなのですが。
着ぐるみを着たキリちゃんの可愛さにもんどり打ってしまいました。ああ四頭身…頭を取っても取らなくても。

細々と感想を箇条書きにさせて下さい。

  • キリちゃんの衣装がどう見ても黄金聖闘士だった。
  • ちゃんと今の金爆を取り巻く世間の評価をネタに取り入れていて素晴らしい。
  • つまり「曲作ってるボーカル以外いらねーじゃん!」という評価。
  • キリちゃんの歌は何ら問題ないレベルまで上達していて、喉の不調からの復帰っぷりにド新規ファンながら感動。
  • キャンさんのマジギターソロの音が思っていたより大音量で浮いていて、あっ!弾いてる!!って感じがステキだったし下手だった。
  • MCが全て前振りという用意周到さは生で見ても拍手喝采もの。
  • 4人揃ってゴールデンボンバー!というグルーヴ感がハンパなく、戦隊ものの如きチームの魅力に震える。
  • 研二の完璧すぎるボディに見惚れる。マッチョなだけじゃない、骨格が完璧だからこそあんなに美しく筋肉がついたスタイルになるんだと思う。
  • そんな完璧魔人なルックスのオジサンが白塗りしてウロウロしているだけなのが可愛い。
  • でもエアドラムの精度は思っていたより高く、ほぼちゃんと叩いていた。謎の努力がステキ。
  • 歌広場先生の神対応ぶりにビビる。ハート作ったり咲いたりしているうぱギャにちゃんときめ細かく反応してあげていた。
  • キリちゃんの頭身がマジで漫画だった。
  • キャンさんのバストトップがマジで蛍ピだった。
  • 演劇の衣装かわいすぎ!遊園地が舞台なのでキリちゃん→くま、キャンさん→王子様、うぱ→お姫様、研二→悪い狼?
  • キリちゃんの架空のソロデビューシングル「アメリカ」が、ゴッドタンマジ歌選手権のフットボール後藤と同じ発想で笑った。後藤の「ヘブリカン」をカバーして欲しい。
  • お約束の部分に自分も参加出来るとさすがにテンション上がった!→「イヤホン」の合唱部分などなど。


キリちゃんが毎度のMCながら新規ファンや振付分からないファンへの気配りをしつこいくらいにしてくれたお陰で肩身狭い思いをせずに済みました。
めんどくさいクレームへの予防線だとしても、本当に気遣いの人だなあと感謝の気持ちでいっぱいです。

ちなみに私は振付の半分も頭に入っていない状態でしたので、前の席にいたコスプレうぱギャ様をマネさせて頂こうと注視していたのですが、この御方が完璧であるが故にハートを織り交ぜる等のアレンジを加えており、つられて!?!?となることがしばしばでした。
レベル高すぎィ!

次回ライブにも是非とも行きたいので、それまで金爆ファンとしての修行をDVDを見て積みたいと思います!



オマケ語り

〜私の頭から喜矢武さんが離れなくなるまで〜

最初、研二の圧倒的イケメンさに「こんな格好いい人がこんなフザケたグループに居るのか」と夢中になっておりました。

次に、歌広場先生のmixi日記を読み、そのいきなり逆アルジャーノンとでも言うべき、V系アイドルとして生きるべくスイッチを入れた瞬間に衝撃を受けました。
そして今でも変貌の足取りを消していない姿はまるで自分を実験台として俯瞰しているかの様で更なる衝撃。
圧倒的教養も捻くれた暗い内面も現在のキラキラした活動もここに至るまでの決意も、なんて面白い人なんだろうと、なんて潔い生き方だろうと、すっかりファンになってしまいました。
単純にトークを仕切る時の頭の回転の良さも素敵です。

そしてちゃんと楽曲を聴く様になるにつれ、キリショーの歌詞の素晴らしさに感銘を受け、現代を切り取る詩人だと尊敬する様になりました。
底なしに捻くれている所も、日本には珍しいくらいロックだなと。

で、キャンさんだけ全然印象がなくて。
一番イケメンで、一番体を張っているな〜くらいしか。

しかし色んなトークやらライブ映像やら見ているうちに気付いたのですよ。キャンさんのその、衒いのなさがいかに魅力的かを。

あれだけ美形で可愛らしいルックスなのに、少しのナルシシズムも感じないごく普通のお調子者な男の子っぷり。
他3人はコンプレックスの裏返しも含めもの凄いナルシストだと思うので、余計にそんな中にひょっこり紛れた普通の子に目がいきます。

そしてトークで見せるゲスさ。ゲスい発言や非道い行動をした後に見せる天使の様な愛くるしい微笑み。
新ジャンル・ゲス天使だ!

あと、おなかがグラドル。あのプニッとクビレ感は出そうとして出るものじゃないと思うので、未来永劫大切にして欲しいです…(泣きながら)

勿論ポップな魅力だけでなく、リア充っぽさの中に見え隠れするさすがキリショーを選んだ男と言うべきダークサイドも素敵です。
照れ屋なんでしょうか、努めてチャラく振る舞っている裏で実は凄く真面目で繊細で努力家という気がしていて、いや事実そうなのでしょう、段ボール工作や映像編集など実働は枚挙に暇がなく…
あれ?あれれれ?と言ううちにキャンさんばかり見る様になっておりました…!

まだファンになって日も浅い身ながら、現時点で思う事を綴ってみました。

なんて魅力的なグループなんでしょうね!