読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おしろ宮殿

一寸一杯お気軽に

2013.11.01 cali≠gari セルフカバーミニアルバム 『2』発売記念GIG@初台DOORS

LIVE感想 cali≠gari

禁色ツアーでチケ運を使い果たしたのか無残にもFC通しチケットに落選しまして、月初めという事もありお仕事ラッシュに苛まれたりもしたので4,5回目だけ参加して来ました!

そもそも1日5回まわしのステージってどういうことなの…そんなアイドル顔負けのステージするんだったらここでうちわ解禁でしょ!(自作「秀仁 Tシャツ売って♥」うちわを胸元に構えながら)

メンバーがアダルトなら私もオバンギャどころかただのオバンですので体力的にも精神的にもやや不安だったのですが、た、楽しかったし想像を絶する「2」の楽曲の良さにうち震え果てました…。大成功の企画だったのでは!2回しか参加してないけど!

初台DOORS、ステージが思い切り高くて何と見やすい箱なのでしょう!
ドリンク代ガッポリいかれても許せるレベルでした。 

5回まわしなのでメンバーのテンションが終盤まで持つのかと不安(O-EASTがややトラウマ)もあったりしたのですが、通常時は非常に勤勉で真摯な石井さんを侮っておりました。何とも元気いっぱいで時折ニコニコというか、にや~ッとしておられ、歌も素晴らしく、最高のパフォーマンスを見せて頂きました。 

「虜ローラー」では、取り敢えずお前ら手ぇ振っとけよってなぞんざいなお手振り指導がありご褒美でしかありませんでした。私の前世は車のワイプ!!ブンブン!!

毎回変わったと言うヘイアーメイクですが、黒まゆげくっきりで歌舞いておられ、その美しすぎるモードフェイスに私の資生堂がボビイブラウンでした。
Max Mara(意味深)

それにしても、高級なお召し物をヒラヒラしてヘソや乳首を見せてくる様はどう見ても「ほーらほーら」みたいにして遊んでいる様で…およげたいやきくん!(釣られる) 

はー!全部アレンジがよすぎて、何てかっこいいんだろうと嗚咽が止まりませんでしたよ。
その伸びやかな歌声、やはり石井さんはソウルシンガー! 

MCタイムでは、研次郎さんが石井さんの股間にカード(アンコールで何をやるかを客に選ばせる為、曲目の書かれたカード:マジックテープ式??)を貼り、貼られた石井さんはにやける、という楽しい場面も。
青さんにも貼ろうとしたけど拒否されていました。
「あたしそーゆーの弱いんだからぁっ!」て。何的な意味で!?
あと青さんは何回も石井さんの股間を大した事ないって仰ってました。何的な意味で!?

 

==CD『2』の感想============ 

あらためて自宅にてCDを聴くと、おそろしい…かっこよすぎておそろしい…

石井さんの80'sエレポップなセンスが爆発してるんだけど、1と真逆でありながら音作りというかグルーヴが同じなので不思議と同じバンドとして成立している!
これが石井さんの言う「理論的にぶつかってる不思議な音」なのでしょうか??

底の知れない面白いバンドだなと日々戦慄するばかりです。
何か、音の立体感??無知なので何と言ったらいいのか…サウンズグッドですね今回!!

最終的にはこれはカリガリ以外では有り得ないってコンテンツを提供してくれるところが凄いなと思います。 

■その行方、徒に想う…
イントロ(ライブ版)がWANDSの世界が終わるまではを彷彿とさせる切なさに溢れており、本当にバブルロマンチック!
キラキラとした世界に研次郎さんの重機の様な工業ベース音がヘビーでかっくいー!青さんのギターソロが素晴らしすぎる… 

■ギャラクシー
密室ベストイレブン時と基本は同じだけど、ギターやベースが新たに収録されているのでそれだけでかっこよさ10倍。 

■かじか
このアルバムの中で1番痺れました!研次郎さんのベースが動き回ってて凄い…
浪人の歌と言うだけあって(マルチプルスクリーンか何かで「サムライフィクション」を意識したと言っていたような)ちょっとした緊迫感とそれに似合わないのどかさ&キラキラ感が、ほんとにシュールで素敵。
あと出だしのボーカルスタイルがいつもよりちょっとだけ芝居がかっている様でどきりとしました。
ラストの清らかな余韻も…いい! 

■ダ・ダン・ディ・ダン・ダン
青さんと石井さんの掛け合いのかっこよさたるや!!元曲の難解な多展開に比べてノリやすくてシンプルにかっこいい感じ。何か自信が伺える!頼もしい!
文句ナシすぎて特にコメントがないレベルです…ライブでむっちゃ盛り上がった。
青さんのギターソロが素晴らしすぎる…(再)

■虜ローラー
一番原型を留めないリアレンジで雰囲気一新だけど、ポップで素敵な曲になっていてライブで聴いて思わず涙出ちゃいました。
とにもかくにも80年代で、何年か前のGOATBEDみたいなポップさでしょうか。
石井さんの作るエレポップはキッチュでキラキラしてオシャレなんだけど、余韻がなんか切なくて好きだなあ。

 

2 ※正式表記は「2」を左右反転となります。初回プレス限定盤・特殊ブックレット仕様

2 ※正式表記は「2」を左右反転となります。初回プレス限定盤・特殊ブックレット仕様