読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おしろ宮殿

一寸一杯お気軽に

金爆オールスター祭2012のDVDを見たので感想を述べる

金爆ファン活動ですが、レアもののDVDを集めるという段階に突入しはじめており、妻子を泣かせております。

ファンクラブツアーを収録した「金爆オールスター祭2012」についに手を出してしまい、その隠し芸大会とも言えるファン感謝祭的内容に舌鼓を打ちました。
過去のライブで演じたものから新作まで、コント的キャラクターがライブ出演者として次々に登場してパフォーマンスを披露するという内容です!

■レバーセット(ナルシス研二)

メディアでは金爆のマスコットおじさんの立ち位置である樽美酒研二氏が、最終兵器とも言えるすっぴん+V系メイクで真面目にバンドをやるというオフザケなのですが、一言で言うと卑怯です。卑怯すぎます!!!
普段の白塗り姿とイケメンモードのギャップも去る事ながら、ロックバンドのボーカリストとして普通に上手い。歌が上手すぎて割と本気で引いてしまう。そして訪れる恐ろしいまでのときめき…。
元々バンドマンやローディーをしていた時期も長いだけあって、まあ様になること、こんなバンド新宿BLAZEあたりでライブしてそうだな〜って感じです。
(楽曲は金爆の中の人ことtatsuoさんのバンドeversetのものなのでクオリティが高くて当然なのですが)

抜群のルックスと文句ナシのパフォーマンスに感嘆するものの、MCになると相変わらずの間の抜けた研二トークで、『ナルシストなバンドマン』というキャラを纏ってなおダラダラと締まりのないふんわりトークは癒しです。

しかしV系メイクが実はあんまり似合ってないのですよね!武道館ライブ「一生バカ」で披露された本気のすっぴんのが10倍かっこいいです!
男性が勘違いしているらしい「すっぴんを褒めると喜ぶ」という考えに毒霧を吹き付けて反論してきた私ですが、研二さんには言いたい。お前はすっぴんがNo,1だ…!(CV.堀川りょう

■翔也さん

世間的にもヒットしたDance My Generationの元ネタというか、キリショー演じるバブルの生き残りキャラです。

翔也さんの曲は21世紀にバブルとな!?ってな時代錯誤ギャグのはずだけど、80'sサウンド大好きっこちゃんからすると正直ただのオシャレでかっこいい曲にしか聞こえず、「oh!My Love」とかふつ〜〜〜にご褒美すぎます!!今すぐGOATBEDと対バンして欲しい…。
キリショーは天才だなあと、パロディ的楽曲を名曲にしてしまう完璧な音楽センスに惚れ惚れします。こと音楽に関してはすんごいロジカルシンキングなんだろうな。
そしてお顔はどう見ても女子プロレスラー、さらに鳥山明頭身でグッときます。

■クリスティーネ・ゆた子

世界のビッチゆたこちゃん!!あ〜〜〜ぎゃんわいぃっっ!!
キャンさんの愛くるしさとゲスさが融合した見事な女装キャラ!
推しメンに向かって「ビッチ〜!」と罵声を浴びせられるライブなんて世界中探してもここだけじゃないの!?なんだよこの夢の店…行きたかったよ!
そしてビッチを売りにしてるなんて君は本格的Divaすぎる。ゆたこの彼氏(旦那)はプロデューサーの鬼龍院さんという設定だけど、むしろDVが酷いギャングスタラッパーの彼氏がいそうです。

歌詞はもちろん下ネタなんですが、結構エグくて笑いました。
「膣」って出てくる歌詞見たのはじめてだわ。
しかし去り際に流れた「広がる世界」の替え歌が1番ひどかった。
名曲の感動を返せ!!

■淳子@れいたの嫁

私生活でもリアルギャ男・歌広場淳氏演じる痛々しいバンギャルキャラ淳子による、V系カラオケタイム。
カラオケに来たという設定でカラオケ音源で熱唱。歌唱力は喜矢武さんと張れるくらいにアレですが、いかにもV系なしゃくり上げ歌唱法には相当な慣れを感じます。手練れ!
ガゼットの曲を歌ったのですが、タイトルが「コックローチ」、作曲が「大日本演芸場の皆様」みたいなクレジットでV系アレルゲンが飛散して私は呼吸困難となりました。
淳子ちゃん、二言目には「バンギャなめんな」なのがリアルでウケます。

■キリリン&豊

嵐の伝説のスケスケ衣装を纏ったアイドルユニット。(最近本人達がまさかのセルフカバーをしてしまったので敗北感!)
2011年の初登場時より可愛くなっていて絶叫です!かわいいは作れる、かわいいはこの世のすべて!!!
キリリンの生い茂った黒々脇毛がギャップ萌えです!

■ゴールデンボイス

禁断のゴールデンボンバー生演奏バンド…禁じ手すぎて震えるッ!!
お馬鹿タレントがスラスラ英語しゃべっちゃうみたいな、結構スリリングな状況ですよこれ。テレビでは絶対に流せない衝撃映像です。

V系バンドはパートチェンジバンドやおふざけ裏バンドみたいなのを持つのが定番となっていますが、こちらはまさかの演奏する方が裏の顔ですからね。

Vo.喜矢武さん、G.研二さん、Ba.淳君、Dr.キリちゃん

でした。ボーカルは誰にでも出来る(※喜矢武さんは出来ていない)、研二さんは元々ギタリスト、キリちゃんは高校時代ドラムやってたという中で、淳君だけが大丈夫かいな〜って感じでしたが思って居た以上にちゃんと音が出ていて、ああ、音でてるー!って感動しました!練習したんだろうなあ〜。

披露した曲はhideの「ROCKET DIVE」と金爆の「泣かないで」。中学生コピーバンドレベルの演奏なのに、エアーバンドマン達が真面目に演奏しているだけでときめいてしまう…不良が雨の日に子猫を拾う優しさ描写のごとくずるい!

それにしても満面の笑みでドラムを叩く可愛すぎるキリちゃんと、V系バンドギタリストには有り得ない体格でギターが小さく見えて外タレみたいな研二さん、すてきすぎ!!ストラップが短いのも弾く気満々でかっこいい!

収録日以外ではLUNA SEAの「ROSIER」をカバーした日もあったそうで、喜矢武さんギターの研二ベースで淳君が歌ったそうですが、うーん見てみたかったなあ。
ROCKET DIVEはコードをちゃんと押さえてさえれば勢いでごまかせていたけど、神経質なアレンジのLUNA SEAをあの演奏力でどんな風にカバーしたのか気になります!生で見たよってな方がいたら、コメントなりツイッターなりに感想をご一報下さると噎び泣きます…
SUGIZOのギターソロを喜矢武さんが弾いたって、どうやったの?あれかなり歪ませたり頑張らないと成立しないよね?w

ゴールデンボンバー

大トリは勿論、「これが基本形」という金爆。うーんやっぱりしっくりくるし素晴らしかったです。威厳みたいなものすら感じました。
何にしても素晴らしいイベントですね!
第二回の開催をこっそりと祈祷しておきます。

■おまけのバックステージ

ゴールデンボイスのリハシーンがかっこよすぎてリピート。リハで音が出ているだけで感動!!も〜意味わかんない!
ナルシス研二様がかっこよすぎて咲きました…。
あとほんと、喜矢武さんってクソガキって言葉がしっくりきますよね、裏だとw