読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おしろ宮殿

一寸一杯お気軽に

東京カリ≠ガリランドは本当に夢の国だった

f:id:notenbtller:20140205162352j:plain
あまりにも…あまりにも夢の国すぎました…!!

現実に強制送還される事に耐えられず、いまだSNSタイムラインは現在地を見失ったコメントに溢れかえっています…舞浜に骨を埋めたい。

カリガリは「振り回されたい!」という欲求を間違いなく満たしてくれますね。

凄まじくクオリティの高い奇天烈エンターテイメントでした!
いくつまで生きるか分かりませんが、間違いなく生涯ライブ史に刻まれる最高のショウの一つになると思います。

いきなりですが卒業式風にメンバーを振り返り讃えます。

青さん、さながら東京カリガリランドの総支配人でした。ライブ中のみならず諸々のセッティングから本当にお疲れ様です。青さんが楽しかったと言ってくれたのがファンにとって何よりでした!

研次郎さん、さながら猛獣使いでしたね。そのウルテクで私ども猛獣を調教して頂き幸甚でございました。MCもお疲れ様です。

誠さん、ドラムプレイがキレッキレで驚きました!!今回ほどドラマーまっこここにありという存在感を感じた事はありません、超かっこよかったです!

石井さん、……………………。
あなたが登場した時、両日とも観客全員の頭上に「!?」が浮かび上がっておりました。まさにサーカスの妖精。誰があなたの魅力に抗えると言うのでしょうか。

記憶を留めておく為にも、セットリストを振り返りつつ感想を書き殴りたいと思います。

 

2/1(土)

会場に入るやいなや、ディズニーのCDが無遠慮なボリュームで流れていて顔面を痙攣させながら笑いが止まらない。大丈夫なのですか!ミッキーめっちゃ裏声で喋ってるけど大丈夫なのですか!!

そんなディズニーお馴染みソングが途切れると一転、し・ね!し・ね!と第6実験室合唱verの「-187-」とともに円形ステージから迫り上がってメンバーが登場!
キターーーこのギャップがカリガリだあああああと歓喜するも、現れた石井さんの風貌に一瞬にしてパニックに陥りました。衝撃。
純白のヒロイン、あるいは死の花嫁、あるいは真珠の王子様、しかし最終的にはプリンセスイシイテンコーだと感じました。イリュージョンすぎィ!

ディズニーからグロテスクなカリガリワールドへ引きずり込まれたショックで呆然としつつ、続く「踏」では手ジュリ扇が舞い、「散影」で石井さんの高らかな歌声に痺れ、誠さんのドラムも加わった「淫美まるでカオスな」はCD音源の倍からかっこよかった!!
まさに、淫美でカオスなステージ、この日の為に作られた曲かと思う程にマッチ!

石井さんもノリノリでして、圧倒的バランス感覚でラインダンスばりに脚を上げまくり跳ね回っていらっしゃいました。

唯一無二なファッショニスタっぷり、美しく妖艶な歌声、そして元気いっぱいやんちゃ小学生の如き奔放さ、何という不思議で魅力的なフロントマンなのでしょう!
てゆーか最後のやつがスパイシーすぎてやみつき!!

その華やかさは立って歌っているだけでそこが世界の中心となる程であらゆる人を振り回せる魅力を放っているけれど、決して作り込んだステージングをするわけではないのよね…。本当に自由な天使(©今井寿)ここにもいましたよ…。

「トイトイトイ」「娑婆乱打」と石井さんワールドが続いた後、「マッキーナ」ではジュリアナタイムが大幅強化されていてマハラジャでした!!FOOO!

続いて「よかったら座って下さい」のMCと共にサックスYUKARIEさん、キーボード秦野さんを呼んでのAV(アダルトヴィジュアル系)タイムへ突入。
ああ…ソウルフル!!「僕は子宮」「やせゆく社会」の石井さんはシンガーとして完璧!!情熱的すぎる!

ここで奈落からコントーション(という言葉はじめて知りました。サーカスや大道芸などにおける、身体を自由に曲げてみせる芸のことを指すとの事)パフォーマーの方が迫り上がってきて、圧巻のダンスを披露してくれました。僕は子宮の閉塞感や陶酔感、自己愛みたいな感じを見事に表現していて、す、す、すばらしかった…

続く「ゼリー」もジャズ全開でほんっと名アレンジ!どんどんブラッシュアップされていくのって凄い、こんな完成形を迎える曲を何のノウハウもなかったであろう若かりし頃に作る青さんってやっぱり天才だと思いました。

「東京ロゼヲモンド倶楽部」では卑猥なミッ○ー&ミ○ーによる男女コンビのポールダンスが披露され眼福にあずかりました。

ここで聞いた事ないイントロだな〜新曲?と思いきや、「白い黒」!パンフによると誠さんはEGO-WRAPPIN'の様な曲を目指して作ったそうですが青さんとの間に行き違いがあったらしく、長い事封印されし曲になっちゃってたみたいですね。
あらためてちゃんとアレンジされ演奏されるとめっちゃジャジーでお洒落でいい曲!!

まほらば憂愁」は言う事なしの定番大名曲でノリにノリましたし、「すべてが狂ってる」で夢の国とは思えない殺伐としたコールに陶酔し、「マネキン」「クソバカゴミゲロ」「37564。」と敵意やら悪意やら殺意やらを噴き出してドロドロに塗れながら本編終了!

『やりたいやりたい』の部分で石井さんが露骨に性的な腰使いをするもんですから、早い話目玉が飛び出ましたし鼻血も噴き出しました。古典的漫画表現をファンに強いる蛮行!!
かと思いきや、『やりたぁーーいっ!』と元気いっぱい地団駄を踏むおもちゃ売り場のダダッ子バージョンもあるので、坊ちゃんどうか自重してください!みたいな気持ちでございました。

どこら辺でMCを挟んだか記憶が定かではないのですが、研次郎さんのレスラーMCは夢の国ブレイカーっぷりを発揮し「誠〜一発ヤらせろ〜!」などの不条理コール&レスポンスを強要され最高でした。
それにしても最近の研次郎さんの、鉄!って感じの重機みたいなぶっとい音本当にかっこいいですね!相変わらず手元を見ていると残像が見えるくらいのテクからは目も耳も離せないままです。かっこよすぎる!!!

アンコールでは新しい新曲「トゥナイトゥナイ ヤヤヤ」も披露されました。タイトルを一目見た瞬間その仮面舞踏会ぶりに迷いこんだイリュージョンでしたが、青さんの仰る通り第九っぽくもあるステキな曲でした!
春の日のアウトテイクだそうで、ウォーキング!ランニング!ジャンピング!フライング→ミッドナイト!ミッドナイト!ミッドナイト!からの3部作なんでしょうかね?

「虜ローラー」では石井さんのお手振りもあり、最後はまさかの「電気睡蓮」!よりバンドアレンジっぽくなっていて、青さんはアコギを弾き慣らしながら客席をまわって下さいました。ほんといい曲!

石井さんも元気に客席を駆け回っていたけれど、あまりにわんぱくで驚いたのでどの曲だったかは忘れました…。

初日は非常にまとまりのあるセットリストで、前半はクールな石井さんタイム、中盤はジャジーにAVタイム、後半はブッ込んだ狂い咲きタイムで見事な構成でしたね。

最後、円形ステージに集まったバンドメンバー7人で奈落に下がって退場する時、石井さんが元気にジャンプしていた姿が印象的でした…重ね重ねあまりにもわんぱく…

==セットリスト==
-187-

散影
淫美まるでカオスな
トイトイトイ
娑婆乱打
マッキーナ
僕は子宮
やせゆく社会
ゼリー
東京ロゼヲモンド倶楽部
白い黒
まほらば憂愁
すべてが狂ってる
マネキン
クソバカゴミゲロ
37564。

アンコール:
トゥナイトゥナイ ヤヤヤ
虜ローラー
電気睡蓮

 

2/2(日)

一夜明けて2日目、青さんの深夜の触れ込みによりガリスト達は扇子AND光るものクエストを行うはめとなり、イクスピアリを徘徊している同志の姿を多数お見かけしました。

そして修学旅行的写真物販には、公式Twitterアカウントの通り、石井さんによってお勧め写真/お勧めではない写真に☆や×が書き加えられていました。
自分の乳首が写っている写真に☆がつきまくり、もろ出し写真では乳首の上に☆が描いてありました。誠さんの写真にはほとんど×が付いていました。

この日は初日に比べてカメラの台数が増えクレーンまで投入されてましたが、もしかして映像になるのは2日目メインなのかな…?と思うなど。いやでも初日がおまけ扱いだったら残念だ…ぞ!

いざ本番!この日はしょっぱなからエアリアルシルクのスーパーパフォーマンスとともに「空想カニバル」でスタート!幻想的!
暗がりに浮かび上がった石井さんは、はじめ、さかなクンの帽子を被ってる様にも見えましたが、最終的には氷の女王あるいはデーモンって感じでした。ドラクエやFFのボス第一形態感が強く(第二形態で大きくなり、最終形態はすっぴんになります)私の中ではラスボスと言われた暗中浪漫の里芋付き研次郎さんを超えました。
おかしい、こんなファッションは許されない。(ロッテ諸積)

「淫美まるでカオスな」「マッキーナ」でアゲアゲになった後、なんと「シャ.ナ.ナ」!!嬉しすぎる!!誠さんのドラムと同期のパーカッションの音が合わさって最高にかっこよかったです!

「暗中浪漫」も大好きなのでうれしや〜と思っていたら何だか青さんのバブリーなギター音が小さい事に気付く。後に判明しますが、前半7曲イヤモニが断線して何も聞こえていなかったそうで…!それでもshow must go onで中断させなかった青さんのプロ根性すごい!

「月光ドライブ」は研次郎さんベース的ハイライトだと思いました、最強すぎる。ハラショーと並んでエンドレスで聴いていたいベースプレイ曲…。
「ミッドナイト!ミッドナイト!ミッドナイト!」もデーモンみたいな格好した石井さんがめんたいロックみたいな曲を歌っている謎感も含め楽しすぎました。

ここで青さんのイヤモニトラブル回復のため急遽MCタイムへ。
何とか研次郎さんが場を繋ごうとお喋りしてくれたんですが、その内容(後述)がアイドルとして完璧な仕上がりだったので、童貞アピールと言い、誰も信じていないファンタジールールを貫くというシュールな芸風が素敵でした。17才教団的な。

研「じゃあ俺と秀仁くんの馴れ初めでも話そうか」
石「アンコールとかならいいけどまだ7曲でしょ?何分こういう格好なので…」
研「でもほら、昔ディズニーランド一緒に行ったよね。二人で
石「行きましたね」
研「ほら、俺スターツアーズで船酔いみたいになっちゃってさあ」
石「それは俺知らないです、他の時じゃないの」
研「そうだっけ?(すっとぼけ)」
石「ほら…何分こういう格好なのでね…(話したがらない)」
研「まああんまり仲良くないからね、ここが一番仲良くないんじゃないの?」
石「…」
研「でも一昨年くらいのクリスマスは一緒にやったよね」
石「やりましたね」
研「再結成してから一番仲良いよね〜」

といったトークでした。(うる覚え

何とか青さんが復帰して、AVタイムへ。
「続、冷たい雨」「冷たい雨」「冬の日」としっとりと聴かせてくれました。
そいて場内に響く石井さんの喘ぎ声…これが研次郎さんの言っていた白石さんのPCに入っているという石井さんの喘ぎ声サンプリング…OH!サラウンド!
「その斜陽、あるいはエロチカ」さらに格好よくなっていました。曲に合わせ、ミッ○ーを演じていた男性ポールダンサー恵さんによるエロティックなポールダンスが!Twitterにポールダンスをはじめて1年って書いてあったのですが、とてもそうとは思えない素晴らしい演技でした…威嚇するインモラル!

8bit音源が鳴り響き、一同カバンから懐中電灯を引っ張り出すと「オーバーナイトハイキング」で真っ暗な劇場がプラネタリウムみたいに輝き出して本当に美しかったです。みんなのうた!まっくらくらいくらい!
電気睡蓮やオーバーナイトハイキング、エロチカもか、青さんの曲を石井さんがアレンジしている感じの曲が好きすぎます…!

「かじか」ではねた後は研次郎さん曰く『何度も封印した、カリガリ一バカな曲』こと「発狂チャンネル」へ。
煽られるまま(研次郎さんが口で)「ぱんぱぱぱん!」\オイ!/「ぱんぱぱぱん!」\オイ!/「ぱんぱぱぱん ぱんぱん」(誠さんのドラム)シャンシャン \せんせぇー↑/という共同作業を。
この、誠さんの『シャンシャン』というドラムカウントが入る前のテストで全然タイミングが合わず、石井さんと研次郎さんが「これじゃダメだ、ちゃんとやろう!みたいに言っていたのが可愛かったです。

青さんに暴れたんね〜だろ〜と煽られ「マグロ」で祭だ祭だ〜と心はサブちゃん、そして「-187-」になだれ込み、本編終了。テンション最高潮。

たっぷりの休憩後のアンコールでは、ライブが180万円の赤字であるとの告知と共に、補填するため物販を買いなさいと青さんよりご指示がありました。曰く「財布じゃなくてATMになって!」とのこと。
そしてフード付きのポンチョというかワンピというかに着替えてきた石井さん、青さんに「何それ、女装!?」と言われておりました。

そんな流れから

研「いいよね、ミュージシャンなめんなとかATMになれとか言っても許されて。秀仁くんも”お前らブス”とか言っても許されて、ズルいよね」
石「ブスなんて言ってねぇよ。お前らいつも可愛いなって言ってるよ」
\ピギャアアアアアア/
石「でも物販をいっぱい買ってくれる娘はもっと可愛いなぁ〜〜〜」

という深イイ話なやり取りがありました〜 フカイ~フカフカフカイ~

今夜も「トゥナイトゥナイ ヤヤヤ」が披露され、「ブルーフィルム」で青さんと研次郎さんが並んで弾く様に目頭を熱くし、エレクトリカル切ない「電気睡蓮」ではけていくメンバー達…

そしてダブルアンコへ!
青さんから謝辞が述べられ、武道館より楽しかったと言って頂けて何よりです。「クソバカゴミゲロ」は本日も『エロ・やりたい』『ガキ・やりたい』が飴と鞭のごとく投入されておりました。

そしてそして大ラス…
円形ステージの先端で観客に丁寧にお辞儀をする青さんの背後に奈落から迫り上がってくるドラァグクイーン様達……
「エロトピア」の時間だあああああああ
圧巻!!!!あんな光景二度と見られない!!!

アンコール、初日のスケスケ純白パール王子衣装に着替えてきた石井さんは、完璧にドラァグの皆さんに溶け込むことに成功していました。
むしろ誰よりも性別不明、その小柄さと機動力もあり圧倒的に妖精でした。

縦横無尽に客席を駆け回り、関係者席で手すりに持たれていたヤスさんの隣に座り同じポーズをしておどけてみせる石井さん。その後立ち上がるとステージ以上に注目を集め瞬く間に世界の中心になってしまうスーパースター性はもの凄かったです。やがてステージに戻るとソファーの上で大開脚してお休みになる奔放さは、ベテラン女装家の風格でした。

ドラァグの皆様も青さんも研次郎さんも耐えず客席をまわって下さり、本当に楽しかった!!これぞカリガリのオーラスに相応しいというインモラルなショータイム!無敵すぎる!

あまりにも完璧なグランドフィナーレを迎え、円形ステージから奈落へ下がって退場していくメンバー達…と、最後の最後に石井さんがポールにつかまり、まさかのポールダンスキタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!と思いきや、その姿はどう見ても登り棒が得意なやんちゃな秀仁くん(8)って感じでファンは保護者感のあまりモンスターペアレンツと化し終幕しました。
ちょっと何してんのとばかりに石井さんを止めようとする青さんが担任教師に見えました。
うわーん!!

 2日目は1日目よりバラエティに富んでいて、ラストに向けて加速していく感じが完璧なショウでした!!!

==セットリスト==
空想カニバル
淫美まるでカオスな
マッキーナ
シャ.ナ.ナ
暗中浪漫
月光ドライブ
ミッドナイト!ミッドナイト!ミッドナイト!
続、冷たい雨
冷たい雨
冬の日
その斜陽、あるいはエロチカ
オーバーナイト ハイキング
かじか
発狂チャンネル
マグロ
-187-

アンコール #1:
トゥナイトゥナイ ヤヤヤ
ブルーフィルム
電気睡蓮

アンコール #2:
クソバカゴミゲロ
エロトピア

-----------------------

【まとめ】

石井さんにフォーカスした感想ばかりになってしまいましたが、二日間、よく脚を上げ、よく腰を振り、よくジャンプし、よく走り回っていらっしゃった。そして言うまでもなく圧倒的に歌うまい。しかも視覚情報と一致しなくて困惑するけど、めちゃくちゃソングライターとして凄い、どこまでもいい曲ばかり。
シンガーソングライターわんぱくファッショニスタよ永遠なれ!

また、ショウとして完璧だったけど、今回はバンドのグルーヴみたいなのも物凄かったです。YUKARIEさん秦野さん白石さんも加えた7人編成のアダルトでイカしたバンドが出来上がっていました。なんて素敵な音楽だ。

どちからと言うと演奏面や完成度は度外視な勢いありきのバンドだと思っていたけど、本気でやるとこうなりまっせってのを見た気がしました。

アンフィシアター、見やすいし音良いし仕掛けは沢山だし最高のホールですね。
回転するステージを使ってはしゃぎ回るメンバー可愛かったなあ。逆走ルームランナー状態の青さん研次郎さん、バターになっちゃうよ!って感じに追いかけっこする運動会青さん研次郎さん、ポールダンサーをマネてセクシーポーズでぐるぐるまわる石井さん…。

青さんもあれだけ仰って下さっていますし、是非に是非に次回も!!と、お百度参りしつつ期待して待ちたいと思います!

「科学と学習」という謎なタイトルの全国ツアーも決まりましたし、今年もカリガリが楽しみな一年となりそうです!

P.S.
FC通し券特典で貰った「非金属の夜」CDは、石井さんがとにかく鼻声で力なく、やはり相当体調が悪かったんだなあと今更に感じる生々しい1枚でしたw しれっとCDにしてる所が何だかかっこいいです。
カリガリはもしや蓋を開けてみるまでライブの出来がいいか悪いかわかんない、ムラっけがある所ももスリリングで味わい深いのかもしれない…。
「非金属の夜」のトラウマも、ある意味スパイスとなり昇華されました南無三!

f:id:notenbtller:20140205164124j:plain

今回も御神体が奉られていました。