読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おしろ宮殿

一寸一杯お気軽に

バックネット裏のVIPシートで金爆野球を拝む

f:id:notenbtller:20141113155806j:plain

久々に、生きてりゃいいことなるなって思いましたね。
こんな棚ぼた感は若手俳優のお誕生日イベントでZEPP TOKYOの壇上から客席を眺める事が出来た時以来です!
その経験、プライスレス!(実際にはとてもお金がかかるので手が出せないという意味なのでプライス、凄くプライス)

喜矢武豊VS樽美酒研二の野球大会というものを観戦してまいりました。

いつもやっている草野球大会をファンに公開するだけだから期待しないでね!とのハードル下げ発言からの、まさかの入場料500円設定。

友達が引き当てた、整理番号200番台/8000枚中という奇跡。

かくして私は、いかに野球が好きであろうと座る事なく一生を終える予定だった、横浜スタジアムバックネット裏前列に座る事が出来たのです。し、至福…!!

バックネット裏のフッカフカの席は、いつも座っている外野の固く冷たいプラスチックの席とはまるで世界が違いました。見える景色も。
研二かっこい〜〜喜矢武さまかわいい〜〜!みたいな感想から離れてまず野球ファンとしての感慨深さが圧倒的すぎました。魔法瓶に入れてきたホット梅酒の紅茶割を飲みながら、試合開始前から泣いてましたブー…

そして、推しメンが野球で対決するところを見たいなあというエクストリーム妄想に身を窶してきた私の願い、こんな形で聞き届けられるとは…マジ、昨日、マジ、たのしかった、YO!(リリック)


試合の感想をざっとまとめますと

  • 草野球を公開するだけとハードルを下げながら、8000もの応募があった事に応えるかの様にプロの実況、うぐいす嬢アナウンス、スクリーンに中継映像、スコア、スピードガン表示まで完備、さながらプロ野球の様でした!
  • 売店も開いており、ビールやおつまみも売っていました、助かります!!
  • 開会式では研二のパチンコ屋風の選手宣誓が披露され、とろサーモン的な芸風で若干ファンを引かせておりました。
  • 国歌斉唱でご起立を促されたので立ち上がるとスクリーンには星条旗が…ww流れるアメリカ国歌ww さすがチームオバマです!これなら君が代問題も起きないね☆
  • そして公式応援団が用意され、ブラスバンドによる金爆チャンテメドレーまで!「かっとばせー○○!」と推しメンの名前をコールすることは兼野球ファンの夢ですからもう何かドリカムすぎ。
  • チャンテというか終始流れてる応援歌は「女々しくて」「また君に番号をきけなかった」「酔わせてモヒート」「101回目の呪い」などなど各種用意されていました、マジ感動!
  • 喜矢武さん側の応援が「ゆ・た・か!(ゆ・た・か!)」と交互にコールする広島カープスタイルだったのがじわじわきました…立ったり座ったりしたかった!
  • 何だか球場で「だるびっしゅ」って口にする事に既視感あるんだけど…なんだろうダルビッシュ…うっ頭が
  • 始球式はマネージャのTさん。投げる→クソボールに喜矢武さんキレる→乱闘→胴上げ
  • その後もデッドボールや守備エラーがある度乱闘コントからの胴上げみたいな流れ満載で、応援席に乱入したり、マイクパフォーマンスしたり、かなりファンサービス満載。
  • ダルキャン以外のメンバーは、友人知人スタッフにまさかの親族という皆様。
  • 研二の実兄(登録名:兄貴)が本当に凄かった。研二が自分より野球上手いと言うだけあって完璧すぎて惚れ惚れ!研二より小柄で俊敏なイメージ。ショートを守っていました!途中からあだ名は「兄ビッシュ」になり応援も「かっとばせー!アニビッシュ!」に。
  • 双眼鏡で見ている感じでは鳥谷を彷彿とさせました>兄ビッシュ選手
  • 終盤にはまさかの「代打、親父!」が登場。研二の実父。30年前は福岡県うきは市の軟式草野球ホームラン王だったそうな。
  • ピッチャー喜矢武さんがご老人相手なので山なりボールを投げると「もっとちゃんと投げろ!」と挑発!!プライドを擽られているwwさすが元ホームラン王ww
  • 対する喜矢武チームはやや手薄な印象がありつつ、喜矢武さんの友達を中心に構成。
  • ピッチャー喜矢武さんは、数週間前にGLAYのTERUさんに誘われ参加したサッカー大会で左手指を負傷したらしくテーピングをしてました。
  • 体は超小さいながら初回は120km近い球速でバンバン投げており、もうちょっとフォーム変えてライアン喜矢武になればより強くなるのでは!?とか野球妄想が止まりませんでした。
  • しかし2回以降制球が定まらず毎回失点する喜矢武さん。ボール先行で四球も多め。しかし大炎上もしないので変え時が難しいなあ…(野球脳)
  • 110km弱のストレートと、80km強のカーブを織り交ぜてました。
  • 研二も自らピッチャーで登板。こちらはさすが、樽美酒を名乗るだけあるなと攻守ともに完璧でございました悔ビク!!樽美酒兄弟めちゃくちゃかっこよかったよ!!
  • 研二はMAX128kmくらい出てましたね。本人ブログによると左手靱帯を痛めていたそうなので、完璧な状態なら130km以上いけるか!?見せて欲しいなあ!
  • しかし4点ビハインドの1アウト満塁か何かの大ピンチの時、喜矢武さんがキャッチャーのサインを凄く真剣に見つめ頷いたり首振ったりして投球していた姿がマジで格好よすぎて私は爆発した。
  • 6回くらいに突如「喜矢武さんごめん、うんこいってくる」とアナウンスし姿を消す研二。イニングまたいでも帰ってこない!!何か芸を仕込みに帰っている事は薄々感づいていたが…
  • ウグイス嬢「樽美酒選手、トイレから帰ってこないため選手の交代をお知らせします。ピッチャー、樽美酒に代わりまして、三浦」
  • み  う  ら ?
  • リリーフカーで登場する
    ハマの番長 三 浦 大 輔 投手。
    これがいかに大変なことかは野球に興味なさそうな大半の金爆ギャには伝わらなかったのかもしれないですが、20年近く横浜のエースを張っているスーパースターですよ!!!!
  • 予期せず番長の投球をバックネット裏にふんぞり返って見る事が出来た私は三国野球ファン1の幸せものじゃ!
  • 番長、肩慣らし投球でまさかの1失点wwww
  • 番長登場とあっては草野球メンバーも気合いが漲らずにはいられないだろうし、球威のあるストレートは当たったら飛ぶからな!!笑った!
  • 研二曰く、今日ハマスタで草野球大会やるんですよと言ったら俺も出たい!と言ったとのこと。さすが人格者!!本当に優しくて懐が深い兄貴なのです!
  • そして打席にも立ち(投球前に喜矢武さん土下座→番長は内野フライに倒れるw)、何と三塁の守備にまでつく番長!この貴重さ、番長はピッチャーなので守備にはつかないのですよ、普通!オールスター戦でも見られないんじゃないかな??三塁方向にファウルフライが飛んでくると律儀に追いかけてました!番長の守備いいぞ〜〜
  • 何故勝っているチームに助っ人が入るのかという矛盾はさておき、途中で「この試合負けます」宣言まで飛び出した喜矢武さんチームがそのまま敗北。5-2でした!でもワンサイドゲームじゃなかったし、凄くいい試合だった!
  • 途中、負傷した左手で捕球し「手がああああ」とのたうちまわる喜矢武さんに研二が掛け寄りおまじないキッスをするなどがありましたが、わたくしども全腐連からの不正献金はありませんでした。
  • 優勝チームには『汚い旗』が贈られました。「綺麗になりたくて」で使い古した「汚」の旗の末路!
  • 負けたチームの主将へは勿論罰ゲームが!「喜矢武さんに最高の罰ゲームを用意したよぉグヘヘ」と他人の不幸に笑いが止まらない樽美酒選手により、アコギによる「BELOVED」弾き語り権がプレゼントされます。膝を突く喜矢武さん。
  • アコギをつま弾きながら「(負傷してる)指がいてーー!」と叫ぶ喜矢武さんの手を取り、研二から本日二度目の痛いの痛いの飛んでいけ的なおまじないキッスが…私の心は無死満塁。
  • イヤモニまで用意され、大スタジアムで生歌披露となった喜矢武さん。喜矢武さんの素晴らしい歌声とハイレベルなギターに笑いが止まらない研二、指指して大爆笑。
  • コードや歌はめちゃくちゃだったけど、冒頭と終わりのアルペジオだけやけに綺麗にきこえたのは、私が原曲をあまり知らないからでしょうか?!
  • 場内にわき起こるアンコール。こんな特大アンコール普段の金爆ライブでもきけません。そしてそれは次第に研二コールへ…。
  • 研二「だめだよ俺最近ギターとかやってないもん」喜矢武「大丈夫、オケ用意してるから」観客「ま さ か www」
  • 鳴り響く「夏物語」に拳をあげるバンギャ達。腹をくくった研二、大熱唱。上手い!そして歌詞が完璧!本人も「歌詞を覚えている自分が気持ち悪い」とのことw
  • これ以上ないくらい満載のサービスにファンは夢心地の中、引退セレモニーの様に二人でグラウンドを一周し手を振って去っていきましたとさ…。


以上です!!

もう、ほんっっっと楽しかった!!!次回は是非、MUCC YUKKEさん率いる名門野球チーム『BL学園』との対決を希望します!!
しかし研二はBL学園にも籍を置いていることをチームオバマへの裏切りと感じているのか、少しもブログで触れないのが不安です! 移籍は上手い事やらないと遺恨を残すよ!

研二「辛いです…チームオバマが好きだから」

 

阪神の四番 七転八起 (PHP新書)

阪神の四番 七転八起 (PHP新書)