おしろ宮殿

一寸一杯お気軽に

仙台貨物という唯一無二のコミックバンドを讃える

とにかくスゲエバンドが見たかったら、今すぐ仙台貨物ツアーファイナル豊洲PIT(9/25(日))のチケットを買って下さい!!!

念願叶って、日本を代表するコミックバンド仙台貨物のワンマンツアーに参加して参りました!氣志團万博では何回か見た事があるのですが、ワンマンはこれが初めて。
咳のしすぎで背中の筋肉をヤるというスペランカーじみた負傷によりツアー初日の川崎を飛ばしてしまい、泣きながら大阪→名古屋に参加してまいりました。

スカ、パンク、メロコア、演歌、カントリー、ファンク、テクノポップ、メタル…etc 何でもアリと言えば節操がないだけにも聞こえますが、圧倒的引き出しの多さとそれを自分たちのスタイルに落とし込めるバンドとしの技量と熟練のチームワークが凄すぎて、”バンド”の無限に広がる可能性が感じられます!

音楽、個性、笑い、技量、キャラクター性、きゃーきゃー言えるアイドル性、どこを取ってもズバ抜けていて素晴らしいの一言なんですよ、このコミックバンドは!!
とにかく曲がいい、楽しい、面白い!エンタメの理想の様なバンド!(※下ネタが大丈夫な人にとっては)

更に凄いのは、彼ら一応「ビジュアル系」という、様式美を重んじる相当制約のキツい、あるいは引き出しの少ない見かけ倒し君がやるジャンルの出身なんですよね。出身というか現役と言うか…
仙台貨物くらい制約とほど遠い自由さで、音楽的素養もあって(重要)オリジナルスタイルを確立しているバンドっていないですよ!!
そういう意味では、音楽性は程遠いけどカリガリと近いものを感じております。

比べるなかれとは思うのですがどうしても「ビジュアル系」「お笑い」と並ぶと、ゴールデンボンバーと比較してしまいがちです。が、もう丸きり別物、何故なら仙台貨物は演奏してますから!!これ、シンプルだけど超〜〜大事なとこ!!主に私にとって。
金爆はワハハ本舗とかと同じ劇団(演目はミュージカル)、仙貨はクレイジーキャッツ米米CLUBと同じコミックバンドです!やれることがまるで違う!
共通している部分があるとすれば「アイドル」って所ですかね。

バンド演奏のグルーヴの中で笑えるという、最高に気持ちの良いエンターテイメント体験ができた最高の二日間でした…。
本当に、ミスターコミックバンド!という感じ。音楽と笑いとアイドルが好きな人は一度見ておかないとSONしちゃいますよ!!

そしてげに恐ろしきは、フロントマンであるイガグリ千葉さんのゆるキャラも着ぐるみを脱ぎ捨てる圧倒的キャラクターと、ギターのサティさんという器用すぎる天才、このツートップのモンスター感です。

前置きと推しメンを見ている時の鼻の下の長さに定評がある私ですので、そろそろ大阪→名古屋の2公演のレポに移りますね!ネタバレ満載なのでお気をつけ下さい。
バカヤロー、まだ始まっちゃいねえよ!(キッズリターン風)

----

 

■また客入れBGMに童謡を流すバンドを好きになってしまった

客入れBGMは童謡やポンキッキ、突然のTRFなど無秩序でPOPな狂気を感じます。
全て千葉さんが吹き替えている替え歌verですしね。
ああ既視感…この子供向けソングやJ-POPの響き渡るライブハウス、カリガリだ…!震えます。
ところで「ジャンケンパラダイス」の映像って怖すぎましたよね!!千葉さんのせいでトラウマが蘇りました!


■今回のツアーテーマは「ディスコ」「ファンク」「パーリー」

今年の新曲「仕事をさぼりTIGHT」はサティさんが大好きだと言うEarth, Wind & Fire風のディスコファンクで超かっこいいです!イントロでは千葉さんがスキャットというか本人曰くハナモゲラ語でファンキーにキメ、何だか岡村ちゃんみたいですよ!
新曲に合わせ、メンバー登場BGMなどもファンク!ショータイムの始まり感にわくわくが止まりません!

ファンクを知らないのでQUEENのフレディー風の衣装を作ってしまった何をやっても許される無法地帯の天使、ボーカル千葉さん!

いつもど派手な盛り上げ番長、仙台貨物のラブリーアイドル担当上手ギターフルフェイス!

中国人という設定を今も守り続ける王珍々は『珍々を笑わせる為にやっている』と千葉さんに言われる程に大事な大事ないじられ役、そして堅実なスラップベースで演奏の屋台骨を支えます!

パフォーマーとしても絶対不可欠な巨漢の覆面マニピュレーターKURIHARAさんは今ツアー更に出番多め!

そしてやる気ゼロ感を醸し出しながらキレッキレのコミックアンセムソングを作り出すムッツリ裏ボス、ドラムのギガフレア!

最後は私の尊敬する、コミックバンドを牽引するために生まれてきた男感すらある引き出し豊富で奔放な天才ギタリスト、サティさん!

あ〜〜良いバンドですね〜〜〜(^o^^)

■大阪では下ネタの角度が物理的にもヤバかった

千葉さんには、NHK仙台での活躍に見て取れる様なゆるキャラ的ほっこり面と、ファンの前でちんこ丸出しアナル丸出しでいられるOUT OF 娑婆スレスレのマジキチ変態面がありますよね!
大阪は後者が爆発しており、序盤から自作のうまなみちんこ(怒髪天ver)を股間に付けるのみという衣装(衣ではない)になり、そのリアルな↑角度は、むしろ本当に全裸になっちゃった方がマシなんじゃないかというレベルの下品さでございました最高!

しかし段ボールとビニールテープ??で作ってあるのかな??の自作ちんこは、自重を支えきれず次第に萎えはじめ、根元が破ける事態に(^^q^) そこを黒いガムテープで補修するもんですからどう見てもINMOです本当にしょーもない、最高!

 

■名古屋では我に返り闇堕ち寸前の千葉さん

現実対虚構なんてものが流行っておりますけど、大阪のハイなエロエロ千葉さんから一転して名古屋では多忙さもあって我に返ってしまったようで、リハで突然マジトーンで「バカみたい…」と呟いた事をバラされていました。
我に返った千葉さん、フルフェイス曰く「こんなメイクなのに目が笑ってなかった」。

なのでこの日は全裸にペニスケース状態はアンコールまで封印し、基本に忠実にやっておりました!
日替わりお手製ちんこを盛る事によって自分を奮い立たせているそうで、この日は2本あって気持ち悪かったです!!
千葉さんの虚構と現実紙一重な感じも、ドキュメンタリーとして面白いんですよねえ…本人は大変でしょうけど。

本番中も「蟻が10」を歌い二本のイチモツを握り揺れている時「あー名古屋まで来て何やってんだろうなーー」って思ったそうで、虚脱感の再現が面白すぎました、最高!


■目指せBIGBANG ダンスの時間

おいネタバレだ!伏せろ!!
って感じなんですが、今ツアーではオリラジのパーフェクトヒューマンのパロディーをやっており、大阪からはとうとうギター2人がダンサーとして揃って参加してしまいました。
キレッキレ、サティさんのダンス、キレッキレだよ。衝撃。
雑誌のインタビューで「クラフトワークサカナクションの様にラップトップを並べるとか、BIGBANGみたいに踊りたい」って申しておりましたが、既に第一歩を踏み出しているのでしょうか…。

サティさんによく似たナイトメアのギタリストのナルシスト王子様キャラを思うと、あーもうめちゃくちゃだよって感じで素晴らしいです。豊洲ではベースの珍々も参加させられそうな予告発言がありましたよ…ふふふ。



■いじられ珍々の従順さにときめく

初期からお馴染みの名曲「珍々愛情故事」は間奏で珍々がいじられるのが恒例ですが、大阪では千葉さんに反り返る疑似ちんこを近づけられた珍々が「ウォーアイニー!」という曲中の台詞とともにちんこを蹴っており、そういうプレイみたいでした。

名古屋では逆立ち開脚した千葉さんの足をギター二人が支える息ぴったりのフォーメーション。千葉さんのオケツに貼られた*露出防止の為の前張りならぬ後ろ張り的なシールをフルフェイスがむしり取ると(千葉さんは痛いっ!の悲鳴)ギョウ虫検査状態のシールは無残、珍々のマイクに貼られてしまいました。
演奏を放棄して逃げていた珍々が戻ってきてシールを引っぺがしながら、投げやりな「ウォーアイニー!」でした。
く、くだらね〜〜w


■千葉さん、ついに産卵

曲中、突如千葉さんが四つん這いになり床を這い回ると、ぽこっと白いゆで卵を産卵。突然の出来事にサティさんを中心としたメンバーは崩れ落ちていました。
メンバーを笑わせようと必死でサプライズを仕込みまくる千葉さん、可愛すぎます。
千葉さんにはごっつええ感じの「産ませてよ!」のキャラのコスプレをして欲しいものです。

■レオナルド・サティ・シュトラウスとか言う天才

このバンドを現在牽引しまくっている、最強のコンポーザー兼プレイヤー兼何か元気いっぱいな人こと、下手ギターのサティさん。

超イケメンで技巧派ギタリストで音楽的引き出しが沢山あるのに、ライブではテキトーでノリノリな伊達眼鏡の才人です。
凄まじいキレキレ早弾きを聴かせたかと思いきや、真面目に弾かずにテキトーに踊ってみせたり、気ままな天才っぷりが最高です!

フッ切れているというか、あんた大丈夫?みたいなブッ飛び方が気持ちいいのです。千葉さんという天然もののモンスターを操る、自分もちょっとおかしな猛獣使いって感じに見ています。

しかしながらこの度、サティさんが、ですよ。にしか見えなくなる呪いにかかりました。
あーいとぅいまてぇーーーーん!!!

f:id:notenbtller:20160905163641j:plain



----

レポにもなっておりませんが感想は取りあえずこんな所です。
氣志團万博とツアーファイナルの豊洲にも参加予定なので、楽しみです!


最後になりますが、よくよく考えなくてもこのバンド、ふふふメアなんですけど、今やその「2つ違うバンドを同じメンバーで並行してやってて凄い」という事実が頭から消えるほど、1つのバンドとして完成されてるんすよ!!!覆面バンドじゃねーーから!!
ふふふメアのファンが「ふざけてるメンバーでも見よ☆」とか来ているわけではないんですよ!私としてはも〜〜〜まったく、無関係!!!
実際客層もかなり違って、仙貨は男性ファンやファミリーも多いなと思いました!

しかし全く別のバンドとは言え、やはりお兄ちゃん(お兄ちゃんとは言っていない)のバンドが活休する以上、仙貨も再び休眠状態になるのは間違いないかと思います…はあ寂しい!
でも神出鬼没に、また戻って来てくれると信じてます!

 


仙台貨物「仕事をサボりTIGHT」MV Short Ver.

 

 

スケベスト3

スケベスト3

 
スケベスト 2  (CD Only)

スケベスト 2 (CD Only)

 
スケベスト 1  (CD Only)

スケベスト 1 (CD Only)