読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おしろ宮殿

一寸一杯お気軽に

ナイトメアのFC旅行で新世界を知ってしまった話 【前編】

※当ブログ史上最も長いです

 

遂に行ってしまいました。
いえ、行かせて頂きました!!
ナイトメアFC旅行2016「天下大珍走」in 仙台!!

1泊2日でお値段はたったの48,000円ぽっきり!
これは結構重要な所で、貧乏で有名な私なので少し前まで一回のイベントに5万はねーよ…だってどうせ、お昼ご飯はウインナー1本なんでしょ…?キッコーマン製のウーロン茶をテーブルの皆で分け合うんでしょ…?と考えていたのです。

しかし、昨年までの参加者からの多数の推薦と、何よりもう私のナイトメアさんへのおさえきれないこの気持ちがどうにも止まらない状態でして、あらいいですねの波が何度も押し寄せてきてしまって参加を決意いたしました。

寂しいので口にしたくはないのですが、活動休止も決まっておりますしね…。

 

爆長いレポブログになりますので先に結論だけ申し上げますと、ついに私はこの世の果ての楽園を見ました。初日の宴会後のアフターパーティー的なフェス的なイベントで多幸感はピークに達し、こんな楽しくて旅館もきれいでご飯もちゃんとしててホスピタリティとエンタメ精神とファンへの誠実なサービス精神に溢れたメンバーの人柄と魅力なくして成り立たないイベント、たったの5万なんですか?????マジで????と(ビールの)泡を吹きながら踊り狂っていました。

自己啓発セミナーから帰還した人間の様な口ぶりで申し訳ありません。

 

過去にアイドル的な方を追い掛け回していた時期もある私ですので、それなりにFCイベントというものに参加してきましたが、モノが違う。
なんかね、たかがFCイベント、されどFCイベントで、内容の素晴らしさにエンターテイナーとしての矜持を感じましたよ。やるからには楽しませてやると言う気概と、純粋な人柄の良さとね、タフさとね、もうほんと、ナイトメアって最高なんだよ。おじさん、それが改めて分かってしまったので今寂しくて泣いてる。

FCイベントなんてファンのご機嫌取りと集金に過ぎないって言う、そういう世間一般の偏見を吹っ飛ばす様な大充実のイベントを今からレポするから、何かしらの穴をかっぽじって聞いて下さい!!!!

 

■仙台へ向かうバス車内でリフレインするルナシー

現地集合でも良いのですが、私は秋保温泉にある会場まで東京からバスで向かいました。勿論、このツアーオフィシャルの貸切バスで。

車内では2015年後半~直近の秘蔵バックステージ映像が上映されます。内容はレコーディング風景やリハでのお茶目なシーン、高所恐怖症の新弥さんが屋上での撮影で立ち上がるまでのドキュメンタリー、地元凱旋のバースデーライブで新弥さんが角田市長から本名を連呼される様子など盛り沢山なのですが、中でも私が一番印象に残りまくっているのは、度々現れるルナシーのコピーバンドです。

リハシーンで、え?こんなルナシーのTONIGHTみたいなリフの曲メアにあったっけ?って思ったら普通にTONIGHTでしたし、その後もJESUS、gravityとリハの度にマジコピーする様子が記録されておりました。
リハでルナシーのコピーをしているというのは以前から話題でしたが、本物が見られて嬉しい!

あれだけのSUGIZOフォロワーでありながら意外とJESUSの間奏弾けてない咲人さんや(でもコーラスは完璧)、ちゃんとJパートの『JESUS don't you love me』を担当する新弥さんや、スマホで確認しながら歌っているのに歌詞が危ういゾジーさんなど、面白い場面が沢山でした。

ナイトメアの仲の良さというか、同郷から思いを一つに上京してきたロック少年達のバンドなんだなという、無邪気な魅力が見てとれてキュンとしましたね。

そうこうしているうちにバスは会場となるホテルへ到着。この日の参加者は400名以上で、なんとホテル貸切とのことでした!

 

■お出迎えオチ

バスから降り、預けていたキャリーバックを引き取りホテル入り口へ向かうと、ファンがざわついております。何やらメンバー自ら入り口に並んでお出迎えをしてくれているらしいのです。

そしてバスの向こう側に見えた青い髪、新弥さんだ!高鳴る鼓動!

の、隣に物凄い白い人がいる。

肌の色の話をしているんじゃない、服装の話です。
全身真っ白装束の王子がいる。

咲人さん、それは出オチです!!!!

完全なる純白王子でようこそスタイルに、やるべき仕事をきっちりこなしすぎる、一周回って「わいのネタどうや、今日もキマッてるやろ」的な玄人っぷりを感じ私は思わず笑ってしまいました…最高!!!

そして視線を反対側へ向ければ、そこには女将がいました。
女将かと思ったら柩さんでした。いや女将…女将であり柩さんでした!!!HITSUGI is OKAMI!!
朗らかな笑顔と丁寧な佇まい、旅館の華と言うべき美しいご容姿に、間違いなく女将だったんですよ柩さんは!!

震えながらその背後を見れば、ニコニコ顔のゾジーさん、の、背後に隠れ(隠れきれているとは言っていない)ゾジーさんの髪の毛に鼻先を埋めくんかくんかしている瑠樺さんが…。
お出迎え"あったかいの"に、ちょっとーしょっぱなから伝説のプレイ見せすぎでしょ~~と新規ファンは意識を飛ばしかけましたが、「っらっしゃぁっせぇ~~ぃ!」と言う威勢のいい魚屋、あるいは新弥さんの掛け声によって呼び戻されました…。

 

何と言う畳みかけ。ネタとときめきの波状攻撃。

 

お出迎えでこのパワー、この旅行、気を抜いたら"殺られる"・・・†
先頭打者にホームランを打たれたピッチャーの心境でホテル内の集合場所へ移動しました。
これが新参者への洗礼!

 

■6ショット撮影で女将から憧れのリア充

ホテルの部屋へ移動する前に、早速メンバー5人+参加者の記念撮影がはじまります。これを終えた人から部屋へ移動して良いという、最初の難関的イベントです。

バスの号車ごとに整列し、しばらく待ってから撮影部屋に入ると、前段に瑠樺さん、ゾジーさん、新弥さんが座り、後列に咲人さんと柩さんが立っていて、その間にファンがピットインして写真に収まるという流れである事が分かります。

数百人を捌くわけですから作業は実に淡々としており、この時間はメンバーと話したりする機会ではないと分かります。

私も取り合えず自分がいかにキモい顔をして写らないかという事だけを考え、すすっと咲人さんと柩さんの間にお邪魔して、メロイックサインをクロスさせつつベロ出しメタル顔をキメてみました。
精いっぱい。精いっぱいの照れ隠しなんだ。だって可愛く写ろうなんて思っても、間違いなく童貞丸出しみたいな顔で写っちゃうって分かってたから!!魂が!私の魂はその時、女将と王子に挟まれた童貞だったから!!

パシャリとしんちゃん(タビサイトでお馴染みの咲人さんの親友でもあるキャメラマン)がシャッターを押してOKサインをくれたので、お礼を言って立ち去ろうとした所、柩さんが「お姉さん、ナイスホルモン!」って言ってくれました。

なに?この優しさ。正面向いてたし一瞬だったのに、私がマキシマムザホルモン状態だって見抜いた気配り。(ホルモンのつもりはさらさらなかったけど…w)

スクールカーストが違うからほとんど話した事ない憧れのイケメンから思いがけない優しい一言を貰ったような、青春のときめきが脳内で爆裂ナイトメアしてしまいました。

咲人さんも、ピットインした時も去る時も目を見て挨拶してくれましたよ。

アラレちゃん走りで部屋まで帰りました。もう限界です!!!!

 

■恐怖の相部屋はとても楽しく快適な女子旅行空間でした

FC旅行において、企画どうこう関係なしにまず見知らぬ人との相部屋というのが私には高い高いハードルでした。そもそもバンギャisちょっと苦手な私としては、ハードコアなバンギャ様と一夜を共にする事になろうものなら、ストレスで楽しいイベントも台無しになるのでは…と恐れていたのです。

予算を追加して友達と2人部屋にするという課金攻撃も出来ず、この日は恐怖の6人部屋!!

と、思ったら!!!

大変広々スイートなお部屋で、かつ、同室の皆さんは極めて常識的で優しい同世代の方という、過ごしやすさ楽しさ200%の快適空間でした。

うう、よかった…
むしろ修学旅行みたいで楽しかった…30代も青春に戻れる、それが天下大珍走なんだね…。

 

■ツーショと言う十人十色空間

さて、部屋を後にした私はいきなり決断を迫られます。次のイベントはメンバー個人との2ショット撮影会。これに参加するには1回6000円の撮影券(メモリアルパンフ付)を買わないといけないのです。
事前購入も出来ましたが、私は耳を揃えて48000円振り込むのが精いっぱいで、その後暫くは野草を採って食う生活を余儀なくされていたのです。

しかし、Twitterのフォロワーさん等から「課金チャンス!」と、トウゼンカードばりの不条理かつ理不尽なワードで追い立てられ、ATMで補給してきてしまっていたんですよね…。

そんな訳で、気が付くと2枚の撮影券を手にして佇んでいました。

一枚はイチ推しである瑠樺さんに、そしてもう一枚は神対応と名高く、先ほど私のハートをマグナムでぶち抜いてくれた柩さんとの撮影に使う事に決めました。

まず柩さんとの撮影があったのですが、なにやら皆さん趣向を凝らした、練りに練ったポーズやら何やらをお願いしている気配!!
ポーズ指定NGのメンドルとしかツーショ撮ったことがなかったので、急に神龍にひとつだけ願いごとをしてもいいと言われている様な、贅沢すぎて逆に決められないよ状態に…。

もちろん柩さんは神龍ではなく私達と同じ人間なのですから、パンティーおーくれ!とか言ってはいけないのです。欲しいけど!失礼があってはいけないのです!!

 

あれやこれや悩みながら、結局前の人がOK貰っていたというチキンな妥協案で「うっ、腕を組ませてもらっていいですか…ぐへへ」と打診することに。
てゆーか、柩さん隣に並ばせて頂くと、小柄で華奢で服装攻めたオシャレで、お顔はとんでもなく美しく、満点イケメンすぎて何も言えねえよ!!

そしたら柩さん、アルティメットイケボで「もちろん」と目を見て言いつつ、すっと肘をエスコートする様に出して下さいました。
あ^~~~
これがリア充の魅力か…とアヘ顔でその肘に腕を絡ませて頂きましたところ、「もっとこっち…」とグイと引き寄せられ、密着。

少女マンガの人じゃないか…。

私の顔はテンパッた時の稲中前野みたいになっていたと思われます。
後日郵送される写真を見るのが恐ろしいです。
惣領冬美の作画の横に、古谷実の作画が並んだみたいになっているはず。
宇宙の法則が乱れる!

 

興奮とときめきと感動に呑まれながら、撮影の合間に夕食を食べます!
こちらがびっくり。ソーセージ1本とは言わないまでも、せいぜいショボイバイキングかなと思っていたらちゃんとした旅館の懐石料理が1人ずつに用意されていました…。

マグロの刺身を食らいながら、ひっつー女将説からひっつー竜宮城の乙姫説が急浮上してしまいました。
普通に旅行として満足のいくサービス提供…あわわ…。


その後はいよいよ、瑠樺さんとの撮影へ向かいます。

ちなみに撮影会場には裏口などなく、ファンがたむろするロビーを通ってしか出入りできないので、自分の番が終わったメンバーが普通に通っていきます。
瑠樺さんにバトンタッチとなったゾジーさんと新弥さんが会場を出てくる所に遭遇したのですが、教育の行き届いたメアギャ達がモーゼのアレの様にすっと道をあけ遠巻きにお疲れ様などと声をかけると、新弥さんが一言。

「あーっ!酒飲みてぇっ!」

がっわい゛い゛!!!

冗談っぽく、ちくしょー!みたいな顔で。
この旅行、ひたすら新弥さんの人柄の良さ、フランクさ、優しさ、チャーミングさに心を奪われ続けて行く事になります…。


はい、瑠樺さんとのツーショですが!!
実は以前にツーショを撮った皆様から「ほぼパネル」「ポーズ指定はピースすらNG」と聞かされていたので、逆にとても気が楽でした。
お側に寄らせて頂けるだけでご褒美!美しいお顔を、巻き髪を、すらっと長い手足を間近に拝見できるビッグチャンス!ゴールデンボンバーのライブばりに棒立ち大歓迎!そんな気持ちで挑みました。

ブースに通され、前の人が撮影している姿を見て私はガッツポ状態でした。

瑠樺さん、立ってました!!

これって神対応ですよね??

手を後ろに組み、いかなるポーズ変更も受け付けないぞという拒否のオーラ、さながらそのポーズは警備員!
しかしながらブースに入る時の「おねがいしまぁす」と去り際の「ありがとうございました(あざした、に近い男らしい響き)」は確かに優しく、ここまで嫌々のオーラを出しながらもきっちり仕事してくださる社会人的振る舞いに心から感謝なのです!
口角を上げて作って下さる笑顔も、本当に美しくて神だわ…

致死量ギリギリのツンからの、ほんのり甘く一命を取り留めるくらいのデレ…9:1くらいのこの比率が我々の業界ではご褒美です!

 

 

■本気の宴会が本気で楽しすぎる

撮影タイム終了後、大幅に時間の押す中、400数十名分の座布団が敷かれた大宴会場に通されいよいよメインイベントである宴会の開始です。事前に一杯300円という観光地としての適正価格で缶ビールなどを購入し、乾杯に備えます。(ほんとに結構安いと思う。もっとボれるのに)

メンバーは壇上に記者会見風に並べられた白テーブルと椅子に横一列で着席しました。

簡単な挨拶からはじまりますが、メンバーのテンションも高いし、ファンもヒューヒュー言ってノリノリだし、いい感じです!

ここで新弥さんが一言「さっき撮影中に何人かから『新弥さんもう出来上がってますね~』って言われたけど、俺まだシラフだから!」

あと、ファンとのコール&レスポンスみたいなノリの時にゾジーさんから「新弥の好きな言葉言っていいよ」と無茶振りされ、ゾジーさんに耳打ちして要望を伝えるも何故かそのワードが「ゾジー愛してる」であった事が意味わからないけど可愛すぎる新弥さんなのでした。

ちなみにメンバーも飲み食いしながら喋っているのですが、瑠樺さんがずーーーっと絶え間なくおつまみとか焼き海苔とかをバリバリもぐもぐ食べ続けていて、ひと時も休まずの勢いで食べていて、ハムスターと言うよりシュレッダーみたいでした。あと、隣に座った柩さんにずっとニコニコ話しかけていて、ファンに対する心の閉ざし方とメンバーに対する心の開き方のギャップがまた最高なんですよ!!!

 

続いて秘蔵写真のスライドショーを皆で見るコーナーへ。
縦に長い大宴会場で、前列後列に不平等感が出ない様に、このコーナーはメンバーが最後列に移動してきてくれました。ちなみに私は中程にいたので、前方ステージに居ても後方空きスペースにいても、どちらも普通に見える、といった感じでした。

ここで!!!ぐうかわメンバータイム!!

後方スペースはただの畳エリアなので、そこにメンバーがごろごろと寝転んでいきます…。丘に打ち上げられたバンドマン状態。うつぶせになって脚を交互にジタバタするアイドルスタイルの咲人さん、マジ寝しそうな新弥さん、ファンの方を向いてあげたりまたもや魅力を振りまく柩さん、ゾジーさんはスライドを操作するPCの前にお座り。
で、瑠樺さんどこ!?と暗闇の中目を凝らしたら、ゾジーさんの足元にいました。
最初、膝枕されている様に見えて戦慄したのですが、ギリされていなかったはず、はず!!
とにかく、瑠樺さんの顔がゾジーさんの座った膝のあたりにくる感じで寝転んでいました。

何でしょうね、この、往年の"あったかいの"を見たいという新参者の期待感、アンセムをシンガロングしたいような気持ち!!ヘイジュード合唱したい!

 

スライドの写真は可愛らしいものから酷いものまで最高でした。
ゾジーさんがローディーに生尻を押し付ける写真(瑠樺さんがローディーをボディープレスして逃がさない様にする共謀プレイ)、ゾジーさんがソファーで安眠する新弥さんに生尻を押し付ける写真、ゾジーさんの生尻に瑠樺さんが日本酒一升瓶を挟む写真…
お尻ばっかりじゃないか!!!

ちなみにゾジーさんがズボンを足首まできっちり下げて挑むのは、「俺のお袋さん」をくっつける為だそうです。プロのもんまり師の技術の話がきけて勉強になりました。

他には、絶対にカメラ目線の瑠樺さんシリーズ、どこでも寝る新弥さんシリーズなど…番外編的などこでも寝る柩さんの妙に露出度の高いお姿にエロ目線待ったなしでしたね。(今日届いた会報にも載っていました)

咲人さんのSHOXXブライダル写真については「まさかこの時はこんな事になるとはね…」と先日の破産ネタをちらりとかましつつ、最初は6月だし白タキシードでって依頼だったけど、やるからにはこういう方向性でぶっちぎった、みたいな話でした。
自ら進んでウエディングドレスを着る王子。
仕事でウエディングドレス着ると婚期が遅れるってジンクスもあるのに…自己犠牲を厭わないサービス精神に感服です!!

 

■借り物狂騒曲

続いての企画はゲーム大会。
なんとメンバーによる借り物競争!
ルールは、5回戦。毎回1つ、全員共通のお題をくじで決めます。そのお題に合ったお客さんを探し出し連れて壇上に戻ってくる順位を競うというもの。

1位は○ポイント、2位は○ポイント…と5回戦分のポイントをホワイトボードに書いて計算し、最終的な順位が翌日の朝のメイクスタート時間になるというメンバーにとってガチでやらざるを得ないシステムなのです。
最下位の人は朝6時からメイクスタートとのことで、しんどそうってレベルじゃないw

ちなみに、覚えているお題は下記の通りです。

  • 十字架のネックレスをしている人
  • FC会員証で番号が4桁のものを持っている人
  • 髪が腰まで長い人
  • 赤いブラジャーをしてる人(おっぱい星人のゾジーさん提案、自己申告制、確認なし)
  • メンバーのそっくりさん(メンバー判定)

我こそは!って人は手を挙げてメンバーにアピールして良いシステムです。

びっくりしたのですが、このゲーム、想像以上にガチでした!!
何より瑠樺さんという、さっきまで世界一きれいなパネルであった人が、まさかの全力ダッシュ!!!
メンバーがファンを乱暴に扱いすぎて後に謝罪するほど、本気で本気の連行&ダッシュ&妨害合戦が凄まじかったです!!

ファンの手を引き宴会場の畳の上を猛ダッシュする瑠樺さんは、ほぼ、姫をさらう騎士って感じでした!!推しメンフィルターが火を噴きます!
逆にファンに手を引かれ連れ去られたりもしていましたし、動いているところを見るのが難しい瑠樺さんを、ナイトサファリばりに見られてファンは感涙!

そんな瑠樺さんは、1回戦が終わる毎に得点が書き足されるホワイトボードを凝視。
ああこの人マジで早起きしたくないんだな…と、ひしひしと伝わります!!!

 

結局ゲームのお約束で、最終ボーナス問題は1位が100ポイントという事になったのですが、お題は『メンバーのそっくりさん』。
似ていると思った人をメンバー判断で連れてくるとのことで、新弥さんのコスプレ状態の方を颯爽と連れ去る瑠樺さんが面白すぎました。

明らかにコスプレ風な人を先に連れ去られたメンバーは、苦肉の策で「何となく服装が俺っぽい」とか、ゾジーさんにいたっては「身長が小さいのが一緒」という理由で凄く小柄なファンの子を連れてきていましたw

結局このゲームの最下位はゾジーさんに。最もキャラと遠いところにある必死さを惜しげもなく見せてくれたガチファイター瑠樺さんは、手堅く2位だった気がします。さすがです。

はあ、本当に楽しかった…あんなにドタバタ走り回る必死こいたメンバー、ライブでもなかなか見られないやつですよ…。

 

■大抽選大会が、ガチで大盤振る舞いすぎる

宴会のラストは大抽選大会。個人的意見ですが、私はイベントど定番のこの手の企画に全く興味がなく、何故なら今までほとんど一度も当たった事がないという個人的恨みは置いておいて、ただ番号を読み上げ素人と壇上で触れ合うだけの時間が長時間続くのが、退屈なのですよね…。

普通はね!!!

でも違った、ナイトメアは違った。

まず、当選者の数が凄い。60人とかでしたかね、多いわ!400人ちょっと居るので、7人に1人くらいは当たる確率ですかね!
ひとりひとり会員番号と名前を読み上げられ、壇上でくじを引いて何を貰うかが決まる形式です。軽いものだとiTunesカードとかなのですが、メンバーの私物や着用Tシャツ、着用衣装、秘蔵写真集、何故か分からないけどダイソンの掃除機など、あらゆる方向に豪華。社員旅行かよ。サイン入りポスターを10名様にとか、ありがちショボショボなものではないのです。

そして最初に私が述べた様な退屈感をファンに与えないため、メンバーが客席に降りてきてくれて、座布団の上に座って普通に談笑して下さるという…。

近くに柩さんと新弥さんがいらっしゃったのですが、いい匂いがした!!(童貞の意見)
運良く近所に座ってくれた柩さんの後ろ姿をじっと見ていられる時間があったのですが、爪までぴかぴかの手のキレイさ、スワロがキラキラした高そうな時計、そこいらの輩とは段違いなタトゥーの繊細なディティールに釘付けでした。あとうなじ…あと圧倒的毛量。
私は生まれてこの方薄毛街道を突き進んでいるので、マジで毛根を分けて欲しかったです!

新弥さんはさすがの飲ミニケーション能力というか、温厚な人柄万歳というか、あっと言う間にファンと打ち解けて車座状態で飲んでおりましたよ!しかも手元にはお酒ではなく炭酸飲料が…早く飲ませてあげたい!

正反対なのが咲人さんで、その可憐なお姿にファンも遠巻きにしがちな上、本人も構って欲しくなさそうに隅っこに寄ってしまうので、完全に壁の花と化していて最高でした。
誰かダンスに誘うんだ!!!

 

肝心の抽選ですが、1/7ならわしにもワンチャンあるで!と思っていたら終盤に来てまさかのドリームスカムトゥルー!
咲人さんに本名を読み上げられ呼び出され、胡坐をかいたまま空中浮遊してしまいました!

ドキドキしながら壇上でくじを引くと、かなりレアなものを引き当ててしまい、柩さんに「おっ?当たったな?」みたいなドヤ顔を頂いて恐縮でございました!私なんかに勿体ない!!

そんな抽選会で一番笑いが起きたのは、スタッフが間違えて抽選箱の中に借り物競争用の紙を混入させてしまっていて、ファンが「10万円の札束」と書かれた紙を引いたことですかね。
読み上げた瑠樺さんとゾジーさんは暫く大爆笑で転げておりました。
抽選会の景品が10万円の札束とかクールすぎます!!!

そんなこんなで、終了予定時刻を大幅に上回り宴会は10時だか11時だかにようやく終了!

 

しかし!!!!!!!!!!!!
ここからやぞ!!!!!!!!!!!

 

この時点で120%の満足度でしたし、なんだこのやりすぎなくらい楽しい空間~とにっこにこアヘアヘだったのですが、柩さんの開会宣言により、今年も噂のアフターパーリー!ナイトメアフェスが開催されるというではないですか!!

昨年までのFC旅行レポによると、メンバーによる出し物ありーの、メンバー自らがお酒や食べ物を売りさばいてくれるという夢のクラブイベント!

 

■ナイトメアフェスが今年のフェスオブザイヤーに決定

タイムテーブルと会場見取り図はこちら。

f:id:notenbtller:20160929224655j:plain

f:id:notenbtller:20160929224604j:plain

まずはイベントで使える共通通貨であるペリカに現金を両替します!


そわそわしながら待機していると、新弥さんがビールサーバー前に現れ、6000ペリカで目の前で注いでいただけることに!さすがの馴れた手つき、泡の配分といい完璧です!何より似合う!バーのカウンター越しにビールを注ぐ新弥さんはウルトラ素敵!

 

f:id:notenbtller:20161002003817j:plain

本当にやりかねない・・・ビール一本のために・・・強盗だって・・・

 

新弥さんに注いで頂いたビールにカイジ状態になっていると、奥の売店で颯爽と仕事をする人影が。

る、瑠樺さんだーーー!

瑠樺さんがチューハイ、ソフトドリンク、おつまみを売る売店で売り子をしています!!
壁サークルに並ぶオタクの如く規律を守ること数分、瑠樺さんの仕事っぷりを拝見させて頂いていたのですが、まあ~仕事がはやい!!
即ち、話しかけられる隙を与えたくないが故の、コミュニケーション拒否故のランチタイムのコンビニ店員ばりのきびきびした動き!!
客の要望を聞く→品物を提供する→会計する の販売員の基本を忠実にこなす瑠樺さん。美しい、美しいです…色んな意味でカリスマ店員なのであります…!!

私はまずハイボールを買わせて頂いたのですが、そのバイトリーダー感溢れる動きをもう一度拝見したくて追加のペリカを両替し、2周目はおつまみの前で「おすすめはどれですか?」ときいてみました。
パックンチョとサッポロポテト バーベキュー味を渡されました。

f:id:notenbtller:20160929234912j:plain

勿体無くてまだ食べられていません…。

 

この辺りで、メインステージではゾジーさんのなりきりナイトメアがはじまってしまうのですが、私はカリスマ店員から目が離せずスピーカーで聴きながら売店前をウロチョロすることに。
この旅行、ゾジーさんの格好良さをひしひしと感じるもタイミングが合わずあまり交流出来なかったのだけが心残りです…!

…と!ここでハイボールらしきものがなみなみ入ったジョッキを片手に現れる柩さん。

柩さんが売店に入るやいなや、武士の様ななんば走りで逃げ出す瑠樺さん。すぐ目の前の居酒屋ゾーン(ファンは立ち入り禁止)に物凄い勢いで駆け込みます!!
すごい!!!そんなに嫌だったんだ!!!またもや本当にありがとう!!!
私達は瑠樺さんが「嫌だけど仕事だから…」と大人な対応をして下さるのが本当に嬉しいです;;
あ、これイヤミとかじゃなくてガチで言ってます、ガチです。

居酒屋はガラス張りで中が丸見えなのですが、咲人さんやスタッフと談笑しながらVAPEをふかす瑠樺さんから漂う開放感に、こちらまで「おつかれ…」と癒されました。

 

さあさあ!バイトリーダーはシフト交代で柩さんです!
勿論私は欲深いので焼き鳥を買うカイジの如く列に並びました。

柩さん、瑠樺さんとはうって変わって仕事が遅いのが最高です!
勿論これはファンと交流しているからで、1人客を捌くごとにジョッキのハイボールを飲む姿はさながらスナックのママです。
みつおママ!!

私の前の方が、何がオススメですかお酒飲めないんですけど…と言った感じでほろよいの白いサワーを選んで貰っていたので、わしや、わしやママ!!酒飲みのわしや!!!みたいな気分が高まってしまい、「お酒何でも飲めるんですけど、オススメは何ですか?」ときいてみた所「何でも飲めるの?」ときかれ、燃え立つアル中魂!「何でも飲めます!」とドヤッと返せば、柩さんもドヤッと「やっぱハイボールっしょ!」とにっかり笑って下さるのです!!!!
今!!微かに!!アル中同士通じ合っている!!そんな多幸感に包まれていると、大事な事なので2回言いましたとばかりに再び「ハイボールっしょ、やっぱぁ!」と缶を渡され、柩さんのジョッキと乾杯させて頂きました。
う、うう・・・。

幸せでした…優しい…。

一人ひとりとこの様なコミュニケーションを取っているので当然列は伸びるばかりですが、柩さんのこのホスピタリティ、何人をも拒まないコミュ力は本当に世界の宝だと思いました。こんなに人に優しくされたのは初めてです…うっうっ。

 

新弥さんのビールと瑠樺さんのハイボールと柩さんのハイボール、3杯のお酒を手に持ち廃人の如く恍惚としていると、どこからともなく聴こえてくる長淵剛のとんぼ!

新弥さんだ!一緒に富士の朝日を引きずり出すんだ!ヨ~ソロ~!

友達にハイボールを預け、ビール片手にメインステージへ向かいました!

しかし新弥さん、酔っ払っているのか、歌いだしのキーが全く合いませんwwwww
弾き語りのギターとドンずれた不協和音のメロに、ファンも新弥さんご自身も「ちょwww合ってないwww」と首を傾げ続け、引っ込んでは何度もやり直していましたww

FCツアーで何度も歌ってるのになあと笑いながら、このすっとぼけた感じ、愛おしさで会場は爆発寸前です。

ファンは「ウォ~ウォ~ウォ~ウォウォウォ~」のコーラスを「これが正しい入りだよ!」とばかりに合唱w

何度かやり直し、なんとか合っているんだか怪しいながらもスタートできた新弥さん、無事とんぼを歌いきります。新参者のファンははじめて新弥さんの長渕を聴いたのですが、最高ですね!凄い、長渕的に上手い!!フット後藤とか東京03の角ちゃんに負けてない!!

とんぼ熱唱後、センキューとばかりに引っ込む新弥さんですが、そこは勿論予定調和のアンコール!!いいです、ものまねパブ感あっていいです!完璧なんだなあ!

アンコールは勿論「乾杯」!偶然居合わせ一緒に見ていたTwitterのフォロワーさんと肩を組んで歌った乾杯、一生忘れません!!!
オールナイトライブだ!!

ステージ上でも、マネージャーやカメラマンのしんちゃんが肩を組んで歌っていました。

予想を上回る宴会芸のクオリティに最高すぎるぜと咽び泣きながら、時刻は多分0時を回っていたと思います。

 

最後は勿論、DJ スァクィウィトォ~!!(ケェオゥリィ~の感じ)によるクラブタイムです!踊るぞ!!!秋保温泉ageHaになるんだ!!

ヘッドホンを首にかけ颯爽とターンテーブル前に現れたDJ SAKITOさん、開口一番「俺は酔っている!!」宣言!!それでこそ!!!!

メアのアゲ曲を繋いだセットリストで大変楽しかったです!!踊り狂いました!もうね、私も久々にあんなに気持ちの良い酔い方をしてドリンク掲げて踊りましたよ!クラブ自体数年行っていなかったので、これだこれだ~!とステップ踏んでしまいましたがバンギャはやっぱりヘドバン逆ダイしていましたね…w
私にとっては異文化コミュニケーション!

咲人さん自ら煽りまくり踊りまくりなのは勿論、中盤からはメンバーやスタッフが続々ステージに乱入し、お酒をグイと言う名の一気飲みしては空のコップを客席に放るというウェイ系では済まされない最高にHOTな盛り上がり!
必須仕事をきっちりとこなす模範社会人的瑠樺さんもあらわれ、「るーか!るーか!それ!るーか!」みたいなド軽薄なコールに合わせてイッキしておりました…!!衝撃…!

ゾジーさんをはじめとしたイケるくちのメンバーは「よーみ!それよーみ!(ここでイッキ)からの!?よーーみ!よーみ!」みたいな感じで何杯も飲まされていました。

ああ、イッキじゃないんですよ、グイですよ、グイ。そうでした!

柩さんはhideのD.O.Dを生歌でカバー!私は中学生の頃からこの歌が大好きでしたが、hide亡き後20年近くが経過した今、こんなにも「それな!!!」という気持ちでこの歌を聴く日が来ようとは…

なんかこの時、多幸感が過ぎて「hideはこの歌の通りに生き抜いたけど、それって何も不幸じゃないしかっこいいし、長生きがなんだよ…!貫こうぜ…!」みたいなハイパーロックな気持ちになっちゃって、極限までハイでした。

咲人さんは皆を楽しませようと最後までノリノリノリで、エアギター乱舞で、本当にかっこよかったです。
この、麗しき高嶺の花と面白いアゲアゲお兄さんの二面性を持っていらっしゃる所が魅力的なのですよね…

こんなに純粋に頭を空っぽにして「たのしい!!!」って気持ちになったのは久しぶりで、言ってしまえば写真撮ってトークする程度でもお茶を濁せるはずの身分をかなぐり捨てての、エンターテイナーとしてのプライドをかけた本気の企画の数々、恐れ入りすぎました。

時刻は深夜1時過ぎという所でお開き。
初日は幕を下ろしたのでした………。

 

この長い記事をここまで読んだ方は気が狂っています。

 

【2日目へ続く】