おしろ宮殿

一寸一杯お気軽に

LSN [≠] の感想ながめ

LSNの新譜「≠(ノットイコール)」をゲットしました。
感想をしたためたのですが、ミニアルバムに対する文字量じゃない感じになってしまいアイムアフレイド…。真夏日も観測されはじめた昨今、ドン引きで涼を取りたい方にお薦めのブログです!

結論から申し上げるとLSN最高傑作なのではないでしょうか!
『ナイトメアとも過去のThe LEGENDARY SIX NINEとも違うからノットイコール』という意味がタイトルに込められているそうですが、一方でRUKAさんは『俺が作れば全部同じになる』との境地にも辿り着いた模様で、しかし今作はやっぱりちょっと違う!座組は前作「BELIAL」と大体同じだけど、アルバム全体としての纏まりやクオリティは大きく違っているなと思いました。音も詞も無駄なものを削ぎ落とし研ぎ澄ました感じで、前作が『あれもこれも』というおもちゃ箱的な雰囲気ならば、今回は『これが新生LSNだ』という様なRUKAさんがグイグイ引っ張ってくれるリーダー感を感じてしまいました。今までの『根拠のない自信に溢れた曲』からある程度根拠を感じさせてくれる様になったと言うか、説得力を感じたと言うか!
私が特に魅力を感じているRUKAさん独特のハッタリワル感もキマッてて、知的さとチャラさとワルさとセンチメンタルさの混在する、THE RUKAさんな面白い一枚になっていました。


【総評的な】

メロコア、メタル、V系サウンドにRUKAさんのクセがすごい(千鳥)なくど〜いアニソン的美メロが乗っかっているのはいつも通りなのですが、今回はバランスが素晴らしい。いつもちょっと『むちゃくちゃじゃねーかww』という様な逸脱した部分があると思うのですが、その突拍子も無さが魅力とも言えるし、理解不能とも言えたわけで、しかし今回はすんごい絶妙なバランスで私は大変驚いてしまいました…。言うなればちょっと大人になったRUKAメロディーというか、個性を放ちながら丁度いいところで纏めてくる無敵感がありました。

あまりロジックに基づかないであろう感性重視型のRUKAワールドに、Shinobuさんの高い技術に基づく様式美的なアレンジが合わさって、独特の雰囲気を醸成しているのがクセになるんですよね。恐らくRUKAさんにはメタル的なスキルやセンスはそんなにない気がするのですが、そこを思い切りクサい或いは耽美なメタルセンスを持つShinobuさんが仕上げている感じ、面白いです。

今回はとにかく、1曲1曲の被らないキャラクターと高いクオリティ、アルバムとして通して聴いて気持ちの良い&納得の行く曲順と流れが見事でした。LSN=RUKAさんの魅力を濃縮しつつアルバム全体として良い感じにパッケージされている…隙の無い作品だなという感想です!
これからの名刺代わりになる様な、これ一枚聴けばLSNってなんぞやってのが分かる名盤になったのではないでしょうか!


【RUKAさんの世界観マンセータイム】

私はRUKAさんの書く歌詞が大好きすぎるのですが、今回もまた世界観、リズム感、ワードセンスなどの全てが絶妙なリリックに感激してしまいました。すき!!!!!
RUKAさんの基本となる世界観の一つに、ピカレスクロマン的なものがあると思うのです。
愛も夢もクソ喰らえのクズと自分を位置づけ、君たちを惑わせてあげるとばかりに誘惑し、それでも人と交われない哀しみや疎外感をちらつかせるダークヒーロー像が完璧!漫画か!
ニヒルな悪を気取りつつ、悲哀や哀愁を感じるんですよね〜
何かこう、帽子を斜めに被って聞き分けのない女の頬を一つ二つ張り倒して背中を向けて煙草を吸いたくなる感じ…!
勿論、そんな悪の顔の一方で静かに胸を締め付ける様なせつなさに溢れた曲もあり、それらが矛盾しないRUKAさんのキャラクター性も面白いですよね。


【以下、曲毎の感想】

1.かみさまのいうとおり?

ツタツタV系ドラムが鳴り響く1曲目に相応しい特攻感。RUKAさんの軽妙なドラムに地を這う様なベースがコントラスト強めで面白いです。ドンシャリと言うか。
(※追記:音源のベースはShinobuさんが弾いているという事を知り、驚嘆しております…!!しかも指弾きなの??不思議な音色!!6曲全てのベースを弾いたのか一部なのか分からないのでご存知の方がいたら教えて欲しいくらいです!)

揺紗さんの歌い方もあるのでしょうか、LSN1期の「curuel」的なやんちゃな雰囲気もありますね。

"しょんべんかけて中指 厨二"

ってダサさも一周回ってキレキレにかっこいい!!!よっ待ってました!狩野屋!
踊って跳ねたくなるリズム、はやくライブで聴きたいものです。
歌詞の内容的には、狼煙を上げている感じしょうか、やったろかみたいな。RUKAさんは神様や自然等絶対的なものに対して、時に無力を悟ったり時に無謀な戦いを挑んだりするので面白いです。
この曲は"太陽を引きずり出せ"だから後者ですよね。前者はNIGHTMAREで言うところの「Deus ex machina」とか「VERMILION」とか。RUKAさんの反逆精神溢れるアジテーションな曲大好きです。「Яaven Loud speeeaker」とか。

"革命なんて大抵無意味"

って言ってますけど、そこもまたもうひと捻くれって感じ。

 

2.CRAZY CRAZY

先行でサンクラにて公開された(V系ぽくなくて最高!)リード曲ですが、いや〜まあかっこいい。タイトルからしてクールすぎます!!ペテンっぽさ、イカサマ感、ハッタリ、キザな感じ!
出だしから

"あの手この手 めちゃくちゃに振り回して 罪も罰もまとめてあなたにあげる"

という最高にイカしたパンチライン
他にも

"管理してあげる"

で"いやしてあげる"と読ませるセンスに舌を巻きます。
特にサビの譜割りなんか、やっぱこの人天才だなって感じで抜群のリズム感とワードセンスを発揮してますよね!

"縋る愛? 冗談(笑) 笑わせないでよ 罵詈雑言 ギザギザに 感情裂傷 hold on me 永遠に 切り刻まれて?"

さらっと棒読みするだけで気持ちよくないですか?これだけ歌詞を乗せるリズム感に優れているなら、ラップスキルいかほど?って感じもするのでフリースタイルダンジョンがMC.RUKAを呼んでいます多分。
"ギザギザに"なんてワードチョイスに見られるダサかっこよさも秀逸。

"ハズレ ここがあなたの果てでした"

なんて、ちょっとおちょくったラストとかもクールすぎ!マンセー
揺紗さんのボーカルもこのアルバムの中で一番キレキレな気がします。歪んだギターやリフに対比して、ちょっとハスキーで挑発的な歌声がクリアに浮かぶ感じがいいですよね。
早くまたライブでモッシュしたいわ!

 

3.MONSTERS,inc

この曲、聴けば聴く程好きになれそうでまだまだ噛みしめたいです。
リフの歌謡感&昭和感、ポップネスなメロ、哀しきモンスターの食べちゃうぞソング!
全体を包むニヒルさ!生き死にや愛だの夢だのに一喜一憂する人の営みを嘲笑う様で妬む哀しきモンスターって感じで、それが

"君が愛してるなにもかもを 残らず食べたい"

ってシンプルながらパンチのきいたサビに繋がる感じ、かっこいいなあ。

"僕なんて生まれてもいないから"
"夢なんてみたこともないから"

って余りにもかっこいいタンカじゃないですか???
それが途中、「愛憎ロンド」みたいな三拍子になった時のもの悲しさね!揺紗さんのシアトリカルな歌い方もいい!

"全てを飲み込み笑うモンスター"

ってラストもかっこいいです!悪役目線!
破天荒で破れかぶれなモンスターが私たちを食い散らかすと言うなら骨身まで差し出しましょうぞ!って気にさせてくれるますね〜〜かっこいい〜〜
あとAメロで音数が少なくなった時にブリブリ響くベースがかっこよすぎます…。

 

4.haze

RUKAさんがピカレスクロック(勝手に命名)と並んで得意とするアルペジオせつなミディアムナンバー(勝手に命名)だけど、Shinobuさん効果かサウンドの骨太さが今までのRUKA曲っぽくないなと新鮮でした!
90年代終わりのLUNA SEAっぽいというか、例えば「No Pain」みたいな。NIGHTMAREで言えば「White Room」の入りっぽいというか、作った人違うけど。
随所にちょっとだけドラムの音をサンプリングしたっぽいブレイクビーツ?があしらわれていてお洒落です。
あと同じ事何度も言う様ですがゴリゴリのベースがくそかっこいい…音色と底辺をぬるぬる縫う感じにポジパンを感じませんか?
そしてサビの圧倒的美しさよ!RUKAさんにしては広がりすぎない抑えめのメロがせつなさ満開で聞き惚れました。


5.ソナタ

このままBiSHに曲提供できそうなナイスなエモいポップさ。「オーケストラ」とかあっち系の広がりある曲っぽく。あ〜RUKAさんだなあって感じなんだけど、メロディーメーカーとして天賦の才を持ってるんだろうなってうっとりしますね。
竜宮寺育さん(渡辺さんにとっての白鳥瞳とか愛絵理ということだと認識しております)の歌詞もマッチしてそこはかとない青春のかほりに胸が苦しいです。

 

6.DARK NIGHT

SPICEのインタビューでも指摘されていましたが、明確に「Star[K]night」のアンサーソング感が溢れていて、メアギャなら誰でもおわーーっ!ってなりますよね…。
ただしサウンドは別にそんなにNIGHTMAREっぽくないというか、一番メアまんまって指摘はどうかなと思いました。なかなかこんなにパンキッシュなドラムはメアじゃ聴けないし、アレンジも超シンプルだし。
リフがパロディーっぽいのがシニカルで面白い。あとちょっと涼宮ハルヒの「God knows」を彷彿とさせませんか?狙ってとかじゃなく、さすがはアニソン大好きRUKAさんのセンスだなとにんまり…
『いいことをいわれるのも嫌なことをいわれるのも嫌』とのことで、RUKAさんの意向により歌詞は非掲載。しかしそこは耳を澄ましてしまうのがヲタ…聞き取れる範囲で書きおこしてみましたが『こりゃ全方向に誤解と議論が広がりそうだから歌詞載せねえわ』って感じですよね!
RUKAさんが歌詞は載せないと判断したからには、私が勝手に解釈したことを長々語るのも今のタイミングでは違うかなと思い、コメントは控えつつ胸に手をあて号泣したいと思います。
目覚めた後の物語に希望を託した子守歌だなって私は思いました。


-----


はーRUKAさんって面白い。そして歌詞カードのクレジットを熟読していたら、『LSN=RUKA』と表記されているのがかっこいいなと痺れました。アルバムタイトルが『≠』だからこそね。

最近の近況報告やインタビューを踏まえるとまだまだ面白そうな活動をしてくれるんだろうなと、この人に付いて行ったら何かしら楽しませて貰えそうだと期待させてくれる、そのイケメン変人っぷりにワクワクが止まりません。

今日はインストアイベント行ってきます。うへへ…

 

≠