読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おしろ宮殿

一寸一杯お気軽に

芸術の秋、観劇の秋〜破滅に向かって〜

前記事を流す意味でもちょっとこれ大丈夫なの!?ってな今秋の観劇ラッシュについて書きますね。

まさに嬉しい悲鳴(財布的には断末魔)なのですが、今年の芸術の秋は観たいミュージカルが目白押しで大変です!

まずは9月に「黒執事」!前作から演出、脚本などのスタッフが変更になっていますが、出演者はいつものハイクオリティメンバーなので期待しております。
今月からスタートしたアニメ3期はとにかく音楽が良いので、未発表の音楽担当が光田康典さんだったら…という期待と妄想が止まりません!

その前に急遽チケを取った「ロボ・ロボ」もあるんでした。
西田シャトナーさんの演出作品は観たことあるのですが、劇団時代からの完全オリジナル作品というのは初めて拝見します、全力のパワーマイムとても楽しみ!
心を持ったアンドロイドみたいなネタに滅法弱いので、爆泣きする覚悟で砂かぶり席(お値段高い)を楽しんできます。

そして11月は再演を心待ちにしすぎていた「スリル・ミー」「ALTAR BOYZ」がありますよ!
スリル・ミーは今回から出演する伊礼くんの回を観に行く予定です。テニミュ時代からファンですから(古参アピ)とてもとても楽しみ!!『彼』役はいかにイケメンであるかが凄く重要だと思うのでまさに適任ですよね。
ALTAR BOYZは一度終了宣言があったのでフレッシュな新キャストで復活するだけでも嬉しかったんですが、ここにきてまさかの初演メンバー再集結ときて観劇仲間が全員定期預金崩し始めました。ここからやぞ!!!首がまわらなくなってからが勝負やぞ!!

大変身勝手なお願いではあるのですが、たまたまこの記事を見てしまったB-Tなりカリガリなり金爆なりのファンの皆さんにも是非ALTAR BOYZを見て欲しいんです。そして各バンドメンバーをBOYZに配役した私の妄想を聞き届けて下さい!!!無理なお願いだとは存じますが、何卒ご検討下さい!!!

11月は他にも「THE ALCARD SHOW」の再演や、KING OF THE BLUE/陰陽師に続くロックオペラシリーズの「SONG OF SOULS-慶長幻魔戦記-」もありますから、観劇ダブルヘッダーも辞さない覚悟でスケジュール組んでおります…。

THE ALCARD SHOWはヴァンパイアのアイドルという設定で歌とダンスがとにかく凄いです。振り付けはperfumeでお馴染みMIKIKO様です。黒執事の振り付けもやってますけど!
SONG OF SOULSは新作ですが同じ座組でずっと和風ロックミュージカルのシリーズをやってますので大体想像つきます。脚本が意味不明だけど楽曲と演者の歌唱力が飛び抜けていて最終的には満足してしまうアレですね!!

楽曲を担当している方はドラマ タンブリングの主題歌を歌っていたハニエルのギタリストなんですけど、ハニエルの時はぶっちゃけぐり〜んかな?って感じなのに、ロックミュージカルになると爆発的に私好みな曲を放り込んでくるんですよ!!謎!!
でもってハニエルのボーカルの人も役者として出演しているのですがま〜〜〜歌うまいうまい、上手すぎます!!でもハニエルの時はピンと来ない謎!!!

秋は観劇がんばるぞー!