読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おしろ宮殿

一寸一杯お気軽に

cali≠gari 第7期終了展 握手会 in マルイ

f:id:notenbtller:20141004164033j:plain

感動のライブ翌日、一転して緊張と興奮のるつぼな握手会inマルイへ足を運んできました。

わたくし過去にメンドルの追っかけをしておりましたのでベルトコンベア握手会(こんにちは〜と言ったらもう肩をつかまれている)には慣れていたのですが、ワンセンテンス以上の会話が成立する長時間握手会なんて恐怖でしかありませんでした!

殺してくれー!ならぬはがしてくれーー!という。もう背中に「はがして!」って書いて並ぼうかと。

一瞬だけなら憧れの人との接触として浮かれ100%で臨めますが、会話するとなるとそれはもう…コミュ障にとって一方的に想いを寄せている人と面と向かって会話をしろというクエストがどれだけ無理ゲーかお分かり頂けるだろうか。
物販なら「買ったからサイン下さい!」みたいな気持ちで緊張が薄まるんですけどね…。

しかし、そんな緊張を吹き飛ばす神対応をお二方(研次郎さん、青さん)にして頂いて、長年、推しメンが塩対応すぎるあまり植え付けられてきた握手会への恐怖心がなぎ払われました!!!

緊張から錯乱し、研次郎さんに「ライブはいつも下手でベースを弾いている指を見ています」という、よくよく考えると気持ち悪すぎる告白をすると、研次郎さん、私の手の甲をベースに見立てて指弾きをはじめ…こう仰いました…


「いっぱい動くっしょ?」

 

 


f:id:notenbtller:20141006200947j:plain

※心象風景

 

 



なんてことだなんてことだ…

その様なサービスをして頂けるなんて、後生手を洗わないどころか手首を切り落として神棚に祀らねばならぬ事態です…;;;
本当に優しい…あぐふぅううう

青さんにはファンになった経緯とこの2年の感謝を伝えました。そしてこれからも8期を応援すると申し上げたところ「有り難う!そしてこれからも武井誠をよろしくね!」と言われ、泣きそうになりました…。

ああ、研次郎さんは背が高くてハンサム エンダ スマート エンダ ジェントルマンで3Kの向こう側って感じでしたし、青さんは昨日嘔吐でアングラダンスを踊っていた密室のカリスマと同一人物とは思えない、にこやかでひたすらお優しいおじさまでした!!

さっきまで震え上がっていたのに一転してテンションが上がり、通販の方が安いと分かっていて吐くほど生写真買っちまいましたよ。

これが財布の生きる道…